Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

ちょっと前から、自転車を買おうかという話をし始めた。どうせなら早く買ってのった方がいい!ということで、ダーリンの早めの誕生日祝に購入した。プラス、、お店で見た白いバイクに魅せられた私も、「2人で買った方がいいよね」を理由に便乗購入した。J-Town Bikeでサドルのパイプを短くし、スタンドと水のボトルホルダーも付けてもらった。

ともあれ、昨日はビーチまで走っていったから、今日日曜日は Riverbend Parkへ自転車を持って行って、トレイルを走った。
IMG_7532_convert_20171009091919.jpg IMG_7535_convert_20171009091956.jpg

ダーリンの「超快適仕様」ハイブリッドバイクはサドルのクッションが効いてるけど、私のは、ミーハー好みのロード用に近い作りなので、未舗装の道を走るとお尻に響く。バイク用おさるのパンツを買わねばかしら。
IMG_7536_convert_20171009092024.jpg IMG_7539_convert_20171009092050.jpg

そよ風のなか、すいすいと走っては途中のピクニックテーブルで休憩。木々の間をぬけ、水辺を眺め、途中でシカに2回、タヌキに1回遭遇した。
IMG_7541_convert_20171009092120.jpg IMG_7543_convert_20171009092143.jpg

6.5マイル走行した。トレイルが所々水たまりだったので、タイヤが濡れて砂をかみ、最後には団子になった。帰ってきて駐車場のホースでタイヤに水をかけてお掃除してから帰宅。
IMG_7545_convert_20171009092209.jpg IMG_7544_convert_20171009092232.jpg

なかなか楽しい自転車の散歩。赤い自転車の前のタイヤを外せば車に一応2台入る。でも荷物を積んで遠出する為には、自転車ラックを外付けすることになるかな。。。
ハリケーン Irmaがフロリダ上陸してからもうひと月経つ。街は未だに倒木その他のゴミ収集が終わっていないところが多い。海の状態もいまだに回復していないようで、ダイビングショップは商売あがったりみたいだ。先週末にビーチをちょっと歩いた時にも強風で、海はドロドロの荒れ荒れだった。さらに今週はずっと強風続きで、週後半でようやく静まってきた感じだ。

毎月第一週目の土曜日は、Friends of Jupiter Beachが主催するビーチクリーンアップなので、ダーリンも早起きした。ああれだけ荒れたらさぞかしすごいゴミだろうと思っていたら、ビーチの砂が波に削られ持っていかれたせいか狭く残った浜辺は比較的ゴミが少ない状況だった。8時から1時間半くらい歩いて、そのあとOcean Cay Parkのパビリオンでドーナツやベーグルをもらって食べてきた。毎月のイベントをスポンサーする人、お店があるっていうのがやっぱりすごいな。
beack cu_convert_20171008111028
10月になって、Gardensに屋外グリーンマーケットが戻ってきた。今日は駐車場がほぼ一杯なくらい混んでいた。16周年 "Sweet 16" のお祝いで宣伝が行き届いていたのかな。蛍光グリーンのお買い物バッグと、大きなキャンディーを配っていた。Kai Kai FarmのスタンドにはDianeとNathanがいて、再会のハグ。朝一番ではなかったから、野菜はほとんど売り切れで、オクラを一袋買った。そのあとぐるっと歩いて、かき氷を食べた。まだまだ暑い日射しのなかで食べる氷は美味しい。朝晩は25℃くらいにさがっても、日中は30℃を越えるJupiterの秋。今年も後3ヶ月なんて信じ難い。。。
IMG_7497_convert_20171002063731.jpg IMG_7496_convert_20171002063807.jpg
サンドイッチを持って Grassy Waters Preserveへランチピクニックに出かけた。ここは海からは遠いからハリケーンの被害はそんなでもなかったようだ。それでも、ヤシ葺き屋根がめくれていたり、古い木道は通行止めになっていたりした。
IMG_7450_convert_20170925090336.jpg IMG_7451_convert_20170925090402.jpg

ジュニパーが茶色くなっているのはもう秋だからかと思ったけれど、レンジャーが手入れしているところを見かけたから、やっぱり強風の影響があるようだ。セミがまだまだゆるーく鳴いていて、もわっと暑かった。
IMG_7456_convert_20170925090529.jpg

ビジターセンターの展示は Ashley Gangsの密造酒作り、銀行強盗その他の犯罪と保安官との闘いの歴史だった。Moonshine というといい響きだけどね。。。外には蒸留設備が展示してあった。
IMG_7453_convert_20170925090434.jpg IMG_7454_convert_20170925101110.jpg

センターの中はギャング達の生活の様子と、John Ashleyの犯罪の歴史がパネルで解説されていた。エバーグレイスのキングとクイーンは、フロリダ版のボニー&クライドで映画も作られたそうだ。
IMG_7461_convert_20170925090607.jpg IMG_7459_convert_20170925090728.jpg

彼の使っていた品々の中には、ガラスの眼球もあった。傷ついた目を取り出してこのガラスを使っていたそうだ。虹彩の部分はすごく精密な作りだ。この眼球が展示されている歴史そのものを見ていたんだと思ったらちょっと怖い。
IMG_7462_convert_20170925090826.jpg IMG_7463_convert_20170925090900.jpg
今朝はJohn D MacArthur Beach State Parkの International Coastal Beach Cleanupに参加した。ハリケーンの後、どこのState Parkも、後片付けと整備に追われていた。この清掃イベントも1週間ずらしての開催となった。海岸はもうそこら中にゴミが打ち上っていて、ペットボトルのフタは探そうとしなくても目につくくらいだったし、流れ着いたらしい大きな木材は壊れた色々なものの残骸なのか、釘がでていて危険だ。私達は9時頃ついてチェックインして、Tシャツをもらってビーチに出た。バケツにたっぷり3杯分ずつのゴミを回収して11時過ぎまで歩いた。
file-2_convert_20170924105856.jpeg file1-2_convert_20170924105929.jpeg
朝のうちは雲がおおくて、かんかん照りじゃなかったけれども、汗はだらだら。。。でもほんのちょっとだけ海の美化に貢献したのでいい気分だ。

file2-1_convert_20170924105959.jpeg
集まったゴミはレンジャーがバギーに積んで回収。今日は色々な場所で cleanupをやっていたから、集まったゴミはすごい量だろう。
今朝は6時半に家を出て、朝ラン。うっすらと明るくなってきた東の空に月が見えた。ビーチ沿いを北へ、Carlin Parkまで走ったところで日の出。綺麗だ〜。
IMG_7380_convert_20170918102614.jpg IMG_7382_convert_20170918102638.jpg

戻ってきて、桟橋まで南下し、いつものお爺さん達が今日は違う場所で集っている前を通過。How are you doing, Kiddo!とまた声をかけられた。2日前の朝、ちょっと立ち止まってハリケーンの話をした。みなさん無事で良かった。
家まで戻って、7.3マイル。11月第1週の10マイルトレイルラン参加まであと1月半、いけるかなあ。。。
IMG_7384_convert_20170918102701.jpg

夕方、約3週間の風邪からようやく復帰してきたダーリンと軽くテニスをした。汗をかいたあとの風が気持ちよい。9月も後半、まだ日中は30℃を越えることもあるけど、Jupiterも随分涼しくなった。
IMG_7385_convert_20170918102722.jpg
夕方、散歩に出かけた時のこと。Marcinski Road に出る手前から、なにかブーンブーンという電気器具が唸るような音が聞こえていた。誰かが折れた木をチェーンソーで切っているのかと思っていたら違った。通りに出て音がする方向を見ていたら、なんと、電柱の上と下で火花が散っていて、音もそこから出ていた。通りには誰もいなくて、そばの家がどこかに連絡したのかどうかもわからない。でも見ていると電線からの火花はバチバチと大きくなっていく様子なので、FPLの連絡先をググって探したけど、なかなかその番号が見つからず、それよりも、警察に電話した方がいいかもしれないと思って、Jupiter Policeの 緊急ではない方の番号にかけた。

電話に出た女性に自分の場所を説明するのに手間取り、でもなんとかMarcinskiの突き当たり近く、というのは分かってもらえたようだ。「すぐに警察と消防が行くから」と言われた。ほんとにすぐに警察の車が見えて、それが到着したかしないか位のタイミングで、電線からバシッと大きな音と火花がでて、しーんとなった。警官に、あの電柱で、いま丁度バシッと火が出た、と説明していたら、そばの家から女性が出てきて、ずっと音がしていて、今瞬停したという。でも、現場は音も火花もなくなったので、警官もどうしようもないようなかんじだ。そこへ消防車が来るのも見えたので、「行ってもいいですか?」と聞いたら、いいというので、その場を去った。
file-2_convert_20170917102807.jpeg

US1まで降りていったところで、消防車が戻ってきた。結局何もせずに大丈夫ということになったんだろうか。。。
帰り道に見ても、何事も無かったかのようだった。変圧器か何かがショートしたんだと思うんだけど、そのままにしておいていいのかなあ。
火曜日朝、ホテルから自宅アパートへ戻った。途中、信号がまだ機能していないところもあり、車の運転は神経を使う。Marcinski Roadを曲がって家に近づくと、大きな木が倒れて車線をふさいでいた。
IMG_7360_convert_20170913100240.jpg

反対側から見たら、木は根っこから倒れていた。夕方散歩に行った時には、枝が切られて、とにかく道路の幅は確保されていた。災害後の街の対応はかなり早い。
IMG_7358_convert_20170913100338.jpg IMG_7361_convert_20170913100405.jpg

うちのユニットの被害は、窓枠から強風で水が入ってきた程度ですんだ。この建物でも壁を伝って部屋に水が入ったところもあったと聞いた。停電していたのが何時間なのかわからないけれども、とにかく復旧していて、冷蔵庫の中も大丈夫そうだ。水道も、インターネットもすべて正常で、ほんとうにありがたい。。。

夕方、ビーチに降りていったら、学校が休みになったせいなのか、若者達が沢山遊んでいた。被害のひどい地域の様子をテレビで見て、同時にこういう浮かれた様子をみると複雑な気分だ。
IMG_7362_convert_20170913100442.jpg

Bluffのショッピングスクエアは、あ〜、Lana Thaiの看板が壊れていた。。。お店の人は丁度休暇でタイに帰国しているけど、帰ってきたらショックだろう。そして、道路側のブドウがなった木は大方倒れていた。
IMG_7364_convert_20170913100516.jpg IMG_7366_convert_20170913100541.jpg

木がまるでちぎられたようになっている。風が巻いていったとしても想像しづらい。
IMG_7367_convert_20170913100631.jpg

ハリケーン Irma が過ぎ去って、居間から夕陽を眺めた。普通の生活ができるありがたさを忘れちゃいけないんだね。
IMG_7369_convert_20170913100834.jpg
フロリダで生活し始めて7年、去年のMatthew は半島をかすめ通っただけですんだが、今回の Irmaはカテゴリー4でフロリダに上陸した。最初にKeys に上陸、そのあと本土に来た時は最初の予想よりも西にずれたので、私達のいる東側は直撃をまぬがれた。今年の6月に海側に引っ越したこともあり、先週始めに、念のために内陸部にホテルを予約した。ハリケーンの進み方は遅くて、プエルトリコ、ドミニカ、キューバと通過してくるのに数日ある。土曜日の朝、嵐の前の静けさとはよく言ったもので、ほんとに静かなインレットをながめ、窓の下にタオルを敷き詰めて、荷物を持ってアパートを出た。
irma-1_convert_20170912073718.jpeg

Hurricane Centralの画像でみると、このときハリケーンはキューバのそばで停滞中。Paim Beach Countyでは、午後3時以降道路は一般車通行止めになったので、その前にホテルに到着した。
irma-2_convert_20170912073750.png irma-3_convert_20170912073825.jpeg

部屋でずっとテレビを見ながら、持ってきたおにぎりを食べて、じわじわと北上してくるハリケーンを監視した。日曜日の午後から頻繁に、電気がふわっと消えかけて、ケーブルテレビが中断するようになったけれども、結局停電もなし。夕方、西側のNaplesに上陸する前頃がこの辺も雨風が強まり、窓の外でガランガランと音がして、何かの屋根かシャッターみたいなものが飛んできたのが見えた。テレビでは、Weather Channelのレポーターが体をはって中継中。なんであんな危険を冒して、、と思っていたけれども、「人々の好奇心を満たす画像を自分たちが提供することで、無駄に外に出て危険にさらされる人が減る」という説明に納得した。Marco Island やNaplesは浸水して大変なことになった。
irma-30_convert_20170912074305.jpg irma-4_convert_20170912074413.jpeg

ハリケーンの中心が北へ移動し、風が弱まったのを確認してから就寝。翌朝月曜には、まさにハリケーン一過で青空だ。
irma-5_convert_20170912074511.png irma-6_convert_20170912074547.jpeg
朝のうちはサイレンを鳴らした緊急車両が通る音が耳についたが、昼近くなって外に出て、駐車場の車を確認しにいった。良かった、無事だ。。。でも向かい側に停まっていた車の上には大きな木が倒れて車のガラスが割れていた。こればっかりは、ほんとに運だね、とダーリンの場所選びに感謝。

夕方、向かいのPublixに買い物に行ってみた。大きな落下物は片付けられたんだろうけど、まだまだヤシの葉やココナツが沢山おちていた。
irma-8_convert_20170912074628.jpeg 自然の力。。。

アパートのある地域はまだ停電中らしい。明日戻って大きな被害がないことと、はやく電気が復旧することを祈る。
ハリケーン Irma はカテゴリー5の勢力を保ったまま、フロリダ半島に接近中だ。ニュースでは、サテライトでの観測史上最大級と言ってる。が、今日木曜日はまだまだ快晴で、朝ランのときも平和なビーチで日の出を見た。
IMG_7322_convert_20170908043930.jpg
Juno Pier のヤシ葺き屋根のところに毎朝集っているおじいさんグループの1人が最近、私が走っている姿を見ると手を振ってくれるようになった。そして昨日は「Keep up the good work, Kiddo!」と声をかけられた。Kiddo と言われて、そうかそうか人生まだまだよね、と朝から気分よくした。ははは

今日のお昼で研究所の建物は閉鎖された。土曜日からは発電機に切り替わると言う。来週どのくらい停電が続くかによって、いつ仕事復帰かが決まる。

状況は心配だけど、心配していてもしょうがないので、、、迎えに来てくれたダーリンとCoolinary Cafeでランチにした。私はバーガー;盛りつけがお洒落だなあ、ダーリンはお気に入りのウサギ肉ソーセージのスープヌードル。レストランも明日には閉まるんだろう。
IMG_7324_convert_20170908043955.jpg IMG_7325_convert_20170908044018.jpg

ガソリンスタンドはガソリン品切れのところもあるし、あるところは車の列ができている。スーパーは土曜日朝まで開けているそうだ。陸路で補給があるから昨日無かった水も今日は入っていたりしているけれど、この週末のハリケーン上陸、そしてその後、本当にどうなってしまうんだろう。。。

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -