Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

本日も快晴。朝からJuno Pierに行った。
釣り人が沢山いて、Spanish Mackerell (サワラ)が釣れていた。いつぞやの「釣れ釣れ祭り」ほどの狂乱状態ではないものの、人と人の間からキャストするような状態に近かった。ルアーを投げ始めたら、きた!普通に良い型のSapnishだった。そのあとダーリンがちょっと沖側で大きなのをかけた。大きくてあがらないからネットを持ってきて!と言われてネットをおろしたものの、勝手が分からずもたもたしているうちに魚がルアーから外れてしまった。ごめんなさいー。。
これが、まさに「逃がした魚は大きい」で、そのあと2−3匹食いついてきたのにフックできなかった。ダーリンも同様。そして日が高くなってきて、朝の食いの時間がおわったような感じだった。あ〜あ。。。

帰ろうか、続けようか、と相談するも決め手はない。釣れるかもしれないし釣れないかもしれない。。。結局そのまま釣り続けた。桟橋の下には今日はなぜかエイが数匹,ベイトフィッシュを追って遊んでいるのが見えたり、遠くの方では小魚の群れが何かに追われてジャンプしていたり、眺めはアクティブでも釣りはすっかりスローになった。
IMG_1523_convert_20181028101255.jpg 写真真ん中付近にエイ2匹

投げたり、休んだりしていたら、お昼前に、私が投げたルアーにガツンと当たりが来て、フックできた。近寄ってきたら「大きいー」とどうしようかと思ったら、隣にいたグループの少年が、ネットをさっとおろして魚を取り込んでくれた。Thank you~~~~!!! なんて親切な!
写真を撮ったら、もう帰る?と言いながらも、やっぱりもう1匹釣れるんじゃないかと欲が出て、そしてひたすら投げた。
IMG_1530_convert_20181028101140.jpg IMG_1526-1_convert_20181028101204.jpg

昼過ぎから人は減って、海は穏やで平和な時間になってきた。が、日差しも強くなってきて、腕が土方焼けだ。
IMG_1524_convert_20181028101119.jpg

持って帰って来たこの大きなサワラは、22インチ、1.8キログラム弱だった。夕食後にダーリンがさばいて、切り身を冷蔵と冷凍へ。身が厚くて脂がのっていて美味しそうだ。
IMG_1536_convert_20181028101319.jpg IMG_1538_convert_20181028101337.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunnystream.blog.fc2.com/tb.php/937-48c9dc2c

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -