Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

顕微鏡学会に参加するために日本に戻った。なんだかいつも以上に慌ただしく、ブログを更新することなく昨日フロリダに戻った。出発の日は台風5号が本州に接近中という予報で、電車や飛行機に影響がないように祈りながら実家を出た。結局国際線には影響なく順調。アトランタでの入国審査は、審査場のリフォームが終了したようで、これまで3時間は必要だったビザ審査の列が、今回はなんと30分で通過できた。が、その後の国内線発着はめちゃくちゃに乱れていて、West Palm Beach行きは軒並み遅延。アトランタ付近は昼まで豪雨だったそうで、その影響だと言っていた。入国審査が早く終わったからと、乗り継ぎ便を変更しようとしたのが災いして、荷物だけが他の便に乗ってしまったこともあり、(まあそれでも紛失しなかったからいいのかもしれないけれど)、荷物を持って家に戻ったのは深夜2時を過ぎた。あーやれやれ。そしてこれからまた時差ボケとの戦いの日々だ。。。

ともあれ、、、今回は出発前の週末が、五所神社のお祭りだった。いわゆる「村の鎮守の神様」にあたる地元の神社で、お神輿が出る。それに合わせて商店街が「こどもフェスティバル」を始めたのは私が小学生の頃だとおもう。日曜日のクライマックス、お神輿が材木座の海に入るのを見に行った。雨の中、担ぎ手はもちろん雨なんか気にしないけど、見物客は傘を持って浜に出ていた。

どっこいどっこい、という掛け声で練りながら海に入り、2台が交差したりする。
file1_convert_20180613133311.jpeg

上がってきて、しめ縄が張られた場所に戻ってくる。神職が担ぐお神輿は海には入らないんだ。
file4_convert_20180613133337.jpeg file5_convert_20180613133358.jpeg

こういう行事を見ると、地元文化を繋いでいくのは大切だなと思う。すっかり代替わりした商店街には、知っている顔はもう少ない。実家の周りもほとんどの家が建て替わって、昔の面影はほぼない。これからここはどうなっていくんだろう。他人事じゃない部分もありつつ、なんとなくまだ遠い想いでぼーっと考えてしまうなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunnystream.blog.fc2.com/tb.php/903-4456480a

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -