Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

夕方、散歩に出かけた時のこと。Marcinski Road に出る手前から、なにかブーンブーンという電気器具が唸るような音が聞こえていた。誰かが折れた木をチェーンソーで切っているのかと思っていたら違った。通りに出て音がする方向を見ていたら、なんと、電柱の上と下で火花が散っていて、音もそこから出ていた。通りには誰もいなくて、そばの家がどこかに連絡したのかどうかもわからない。でも見ていると電線からの火花はバチバチと大きくなっていく様子なので、FPLの連絡先をググって探したけど、なかなかその番号が見つからず、それよりも、警察に電話した方がいいかもしれないと思って、Jupiter Policeの 緊急ではない方の番号にかけた。

電話に出た女性に自分の場所を説明するのに手間取り、でもなんとかMarcinskiの突き当たり近く、というのは分かってもらえたようだ。「すぐに警察と消防が行くから」と言われた。ほんとにすぐに警察の車が見えて、それが到着したかしないか位のタイミングで、電線からバシッと大きな音と火花がでて、しーんとなった。警官に、あの電柱で、いま丁度バシッと火が出た、と説明していたら、そばの家から女性が出てきて、ずっと音がしていて、今瞬停したという。でも、現場は音も火花もなくなったので、警官もどうしようもないようなかんじだ。そこへ消防車が来るのも見えたので、「行ってもいいですか?」と聞いたら、いいというので、その場を去った。
file-2_convert_20170917102807.jpeg

US1まで降りていったところで、消防車が戻ってきた。結局何もせずに大丈夫ということになったんだろうか。。。
帰り道に見ても、何事も無かったかのようだった。変圧器か何かがショートしたんだと思うんだけど、そのままにしておいていいのかなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunnystream.blog.fc2.com/tb.php/838-787b19e3

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -