Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

フロリダで生活し始めて7年、去年のMatthew は半島をかすめ通っただけですんだが、今回の Irmaはカテゴリー4でフロリダに上陸した。最初にKeys に上陸、そのあと本土に来た時は最初の予想よりも西にずれたので、私達のいる東側は直撃をまぬがれた。今年の6月に海側に引っ越したこともあり、先週始めに、念のために内陸部にホテルを予約した。ハリケーンの進み方は遅くて、プエルトリコ、ドミニカ、キューバと通過してくるのに数日ある。土曜日の朝、嵐の前の静けさとはよく言ったもので、ほんとに静かなインレットをながめ、窓の下にタオルを敷き詰めて、荷物を持ってアパートを出た。
irma-1_convert_20170912073718.jpeg

Hurricane Centralの画像でみると、このときハリケーンはキューバのそばで停滞中。Paim Beach Countyでは、午後3時以降道路は一般車通行止めになったので、その前にホテルに到着した。
irma-2_convert_20170912073750.png irma-3_convert_20170912073825.jpeg

部屋でずっとテレビを見ながら、持ってきたおにぎりを食べて、じわじわと北上してくるハリケーンを監視した。日曜日の午後から頻繁に、電気がふわっと消えかけて、ケーブルテレビが中断するようになったけれども、結局停電もなし。夕方、西側のNaplesに上陸する前頃がこの辺も雨風が強まり、窓の外でガランガランと音がして、何かの屋根かシャッターみたいなものが飛んできたのが見えた。テレビでは、Weather Channelのレポーターが体をはって中継中。なんであんな危険を冒して、、と思っていたけれども、「人々の好奇心を満たす画像を自分たちが提供することで、無駄に外に出て危険にさらされる人が減る」という説明に納得した。Marco Island やNaplesは浸水して大変なことになった。
irma-30_convert_20170912074305.jpg irma-4_convert_20170912074413.jpeg

ハリケーンの中心が北へ移動し、風が弱まったのを確認してから就寝。翌朝月曜には、まさにハリケーン一過で青空だ。
irma-5_convert_20170912074511.png irma-6_convert_20170912074547.jpeg
朝のうちはサイレンを鳴らした緊急車両が通る音が耳についたが、昼近くなって外に出て、駐車場の車を確認しにいった。良かった、無事だ。。。でも向かい側に停まっていた車の上には大きな木が倒れて車のガラスが割れていた。こればっかりは、ほんとに運だね、とダーリンの場所選びに感謝。

夕方、向かいのPublixに買い物に行ってみた。大きな落下物は片付けられたんだろうけど、まだまだヤシの葉やココナツが沢山おちていた。
irma-8_convert_20170912074628.jpeg 自然の力。。。

アパートのある地域はまだ停電中らしい。明日戻って大きな被害がないことと、はやく電気が復旧することを祈る。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunnystream.blog.fc2.com/tb.php/836-cdddaccf

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30