Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

Samラボでポスドクをしていた Matthias は、Sam の異動にともない、この6月一杯でフロリダ研究生活を終えてドイツに帰ることになった。彼はダイバーで、Juiterに仕事に来たのも、実はダイビングが出来るのが重要なポイントだったそうな。一緒に潜りに行こうねといいながら約2年、なんだかんだと都合が合わず、今回いよいよ最後になって、「絶対に一緒に潜らねば」と強行で計画した。Jupiterから少し南に下ったSinger Islandのショップ、Pura Vidaのボートで2ダイブ。MatthiasがDrift Divers のStanに声をかけたら、結局他の人も合流して、なんだかクラブダイブの様になった。
IMG_6698_convert_20170702113344.jpg IMG_6700_convert_20170702113405.jpg

IMG_6703_convert_20170702113313.jpg

リーフはJupiterよりも少し浅めで、海底の感じは東京湾っぽかった。透明度はさほど良くなかったけれども、水温27−28℃、寒くなくて気持ちのいいドリフトだった。例によって、カメ、カメ、カメ、ハタ、の大物メインのダイビングも、まあ、たまにはいいな、と。

Matthias はドイツに戻ったら企業で働く。彼は研究の世界でもやっていけると思うけれども、ライフスタイルとしての選択だ。
IMG_6694_convert_20170702113426.jpg Good Luck!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunnystream.blog.fc2.com/tb.php/822-d4ff8221

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -