Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

学校が5月半ばで終了して夏休みに入るので、MPFIではハイスクールインターンを受け入れている。その他にも、サイエンスを教えている先生のインターンシップもあって、今年も電顕室で1人の先生を受け入れた。Brittanyは Middle School でサイエンスを教えて7年という中堅の先生だ。2週間のインターンシップ期間に、電子顕微鏡の基本的な試料作製と観察を、自分の手で体験して、脳の構造について、細胞レベルで考えるという課題に取り組んだ。

固定した脳をスライスして、サンプルを樹脂に包埋し、それを超薄切片にして、染色して電顕で観察した。神経細胞とグリア細胞が違って見えること、ミエリンが層になっていること、細胞の中のオルガネラの見え方、こういう実体験をどうやって子供達に伝えるか、と彼女は期間を通して常に意識して取り組んでいたようだった。
IMG_6595_convert_20170626211539.jpg IMG_6604_convert_20170626211606.jpg
Brittanyのような先生に教わったら、子供達はきっとサイエンスに興味をもつに違いない。せっかくこういう熱意のある先生としりあったので、今後もなにか地域の学校教育に役立つような情報発信や、見学会のようなものを企画してもいいなあと思った。

2週間はあっという間に過ぎ、最後の日に記念撮影。まずは電顕の前、そして外でも。
IMG_6671_convert_20170626211706.jpg IMG_6675_convert_20170626211631.jpg

外で撮影中に、FoundationのBarbaraが「自分のオフィスから見えたんだけど」と外に出てきた。何かと思ったら、Connonの背が高すぎるから、「あなたはここに座って、2人ずつ脇に立って、こっちのアングルから撮ったほうがいいわよ」とアレンジしてくれた。
IMG_6677_convert_20170626211729.jpg 「そう!それでいいわ!」とOKが出た写真がこちら。あはは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunnystream.blog.fc2.com/tb.php/821-3dcc1271

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -