Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

2019年のダーリンの誕生日はJupiter Dive Centerでダイビングすることにした。3日前まで海況を見ながら考えていて、行こう!と決めて予約をした。が、前日にDive Centerから海が荒れ気味だけれどもどうしますか?と確認の電話が入った。2-4 feetの波ということで、2だったらいいけど、4だったら結構きついなあと思いつつ、行くと返事をした。

当日朝、陸上は微風で、これで波があるんだろうかという感じだったが、Dive Centerいわく、沖は波があるとのこと。お客は私達の他に3人で、Republic VIIは9時に出船した。キャプテンも「インレットをでたら波があって驚くよ」というし、、酔い止めを飲んで覚悟を決めた。
IMG_1540_convert_20181031113334.jpg

あ〜でも、沖も思った程波は高くなかった。時々どんぶらこな感じではあるけれど、器材の準備をしていても気持ち悪くなる程ではなかった。そして、飛び込んだ海は、透視度20mくらいまでは回復していたし、水温27℃。まずまずだった。
IMG_1560_convert_20181031113413.jpg IMG_1543_convert_20181031113353.jpg

今日、「誕生日になにか新しいことをはじめる」というダーリンは、ロブスター捕獲のスネアと網を持って入った。ワイヤーが輪になっていて、それをロブスターにかけて、きゅっと引っ張ってしめる道具だ。流れが殆どなかったから、東西にふって泳ぎながら北へ向かうようにして、岩の割れ目にいるロブスターを探してはスネアをかける練習だ。これがなかなか難しくて、しかもロブスターは素早い!1本目は結局1匹もかけられず、2本目でようやくコツが分かって3匹かけたけれども規定の大きさ以上だったのは1匹だけだった。とにかく初ロブスター漁は1匹お持ち帰り〜。

IMG_1546_convert_20181031113429.jpg 帰ってきてから記念撮影。

そして、頭は2つに割ってみそ汁に。シッポは刺身に。ぷりぷりで甘い身は、ボタンエビのお寿司を思い出させた。2人でわけてもそれなりの量だった。アメリカ人は港でエビの頭をとって捨てちゃうんだよね、もったいない!
IMG_1553_convert_20181031113448.jpg IMG_1554_convert_20181031113517.jpg
お誕生日おめでとう〜。
スポンサーサイト

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -