Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

先週1週間、出張で日本に行っていた。戻ってくる前に実家に寄って、新緑の景色を眺めてきた。
4月に庭の一画で、文化財保護法令にもとづいた試掘が行われた。市の60%は保護地域に該当するらしく、地元では「掘れば何か出る」のは当たり前の事だといわれていると聞く。

2x3mの土を掘り返して、文化財の有無を確認するんだそうだ。そして運悪くお皿のかけらがでてしまったそうな。鎌倉時代の地層まで到達する前の地層だったらしいけれども、後日、全面調査の決定がくだされた。しかも調査発掘は順番待ちで、5−6ヶ月待てという。なんだかおかしな話だ。おかげで予定していた妹の家の工事は大幅に送れることになり、段取りが狂って大変だ。工事が始まるからと昨年末には植木屋さんも入らず、母は松の枝が伸びてきたのを気にし始めた。
IMG_6380_convert_20170518112152.jpg IMG_6379_convert_20170518112213.jpg
こうして掘り返して「調査、出土」した文化財は、そのまま段ボールに入って保管されるだけらしい。なんのための文化財保護なんだろう。市民の都合を全く無視した意味不明の決まりに思える。

軒先ではピンクのバラが咲いていた。去年の母の日に送った寄せ植えのバラを植え直して育ててくれたんだって。
IMG_6381_convert_20170518112234.jpg
おかげで、庭木はもう一シーズン生きながらえることになったけれどね。
スポンサーサイト

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -