Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

FaceBookで、Tequesta のMarine Westのお店で Surf Fishing Seminarがあるのを見つけて行ってみた。通称Pompano Rich 氏は50年以上もpompanoを中心にした浜からの釣りを仕事にしている人だ。もともとはお父さんがPompanoが好きだったから始めたって話していた。

お店の一画に椅子が並んで、10人位の釣り師が集まっていた。ダーリンはもちろん、私も椅子に座って参加した。プレゼンというよりは、釣り好きのおじさんのお話会みたいで、でも、彼が作って市販されている仕掛け(ダーリンご愛用)の話や、餌の付け方実演とか、予定の1時間を過ぎて続いた。

こういうイベントでは、最後に give awayの時間があるだろうから、彼オリジナルの仕掛けがもらえるかなあと思っていた。Yay! もらえた〜。
IMG_9696_convert_20180430080830.jpg

でもそれだけじゃなく、、、話の流れで pompanoの刺繍がついたピンクの帽子を手に取ったRichは、Are you ready?と言いながら、私に向かって投げてくれた。聴衆は全員おじさん達で、わたしは「only girl」だったから、ラッキー!そのあと、くじ引きといいながら、結局参加した人全員にオリジナルのTシャツをくれるという大盤振る舞いだった。Pompano柄の素敵なシャツ、CSFD はCompusory Surf Fishing Disorder 、強制浜釣り病だって。あはは。
IMG_9697_convert_20180430080851.jpg IMG_9698_convert_20180430080910.jpg

帰る時に、さらに追加のシャツをトラックに取りに行ったRichと握手して写真を撮った。71歳で現役コマーシャルフィッシャーマン。今度はどこかの浜で会えるかな。
IMG_9695_convert_20180430080930.jpg


スポンサーサイト
春休みの混雑なのか、今日はHobe Sound の National Wildlife Refuge 駐車場が行列だった。一台出てくると一台入るように係の人が誘導していた。前に一度こういうことがあって、その時は引き返した。でも今日は、まあ待ってみようかと約20分。お昼の時間で人の入れ替わりだったのか、思った程じゃなかった。
IMG_9432_convert_20180326110326.jpg

荷物を持ってビーチ出てみたら、すごい人だ。しかも釣り人が多くて、竿が並んでいた。場所をとにかく決めて、持ってきたサンドイッチを食べたら早速釣り開始。混んでるって言っても、こうやって写真を撮ると貸し切りみたいね。
IMG_9451_convert_20180326110402.jpg IMG_9453_convert_20180326110422.jpg

私達の隣にはcommercial fisherman 仕事で釣りしているおじさんがいて、ポツポツとPompanoをあげていた。ダーリンは気合い入り、今日は3本の竿を出した。
IMG_9438_convert_20180326110511.jpg

最初は、左の竿が大きくしなって、1匹きた。やったね!餌を付け直して投げたら、速攻で神経締めと血抜きだ。これが日本人の魚への愛だよ、と横でみていて思った。こうして一手間かけることで、刺身の味が絶対に違う。しばらくして真ん中の竿がプルッと反応し、「あれ?きた?」と2人で見ていたら大きくしなり始めた。あげてみたら、ダブルでかかっていた。
IMG_9449_convert_20180326110542.jpg IMG_9455_convert_20180326110606.jpg
夕方までで、今日はこの3匹。ビーチでの午後は平和で快適だった。

そして帰ってきて、ご飯が炊ける間に、1匹がお刺身になった。なんだか漁師飯のような贅沢。美味しかった!
IMG_9457_convert_20180326110650.jpg
先週金曜日、今シーズン初のPompanoが釣れた!とダーリンがビーチから電話してきた。やったね!この冬は寒いんだか暖かいんだか、、とにかくPompno釣りはスローだった。砂浜に sand fleaが見つかるようになったから、魚も浅い所に帰ってきたのかもしれない。
IMG_9248_convert_20180305074919.jpg

土曜日は風が強くなって、予定していたダイビングもキャンセルになった。ビーチに行ってみたら砂が飛んで痛いくらいの風だった。これじゃあさすがに釣りはむりだね、しばらく椅子に座ってくつろいだ。
IMG_9241_convert_20180305075039.jpg

そして夕飯には、昨日まで泳いでいたpompanoを(ダーリンが) さばいて、
IMG_9246_convert_20180305074945.jpg IMG_9245_convert_20180305075003.jpg

特製、カルパッチョが出来上がった。脂がのってて美味しい。久しぶりのご馳走だった。
IMG_9256_convert_20180305075021.jpg
先週土曜日、朝の5kmレースのあと、午後から Juno Pierへ釣りに行った。3月1日からは、ウミガメの産卵保護の目的で、桟橋での釣り時間が日没までになる。ってことは、この週末が最後の夜釣りのチャンスだった。桟橋の夜釣りは、特に魚が特別沢山釣れる訳ではなく、、、竿の先にインジケーターをつけて待っていて、そのライトが緑から赤の点滅に変わるドキドキ感と、そして、桟橋の上から星空を眺めるリラックス感が楽しい。

この日は夕方、波打ち際に近い方で、whitingが結構釣れた。私にとっては今年初めての豊漁で楽しかった〜。周りには常連の人は少なく、比較的平和な釣りだった。日暮れ近くに1匹すごく大きいのが釣れた。暗くなってからは、重たいクーラーボックスを持って、桟橋の中程へ移動して置き竿用の仕掛けを準備した。インジケーター(通称ぴかぴかくん)をつけて、ベンチに座って見張る。時々ライトの色が変わったけど、結局この夜は魚はかからなかった。
IMG_9200_convert_20180227120125.jpg IMG_9197_convert_20180227120146.jpg

9時までで納竿。帰宅して魚を出してみたら、なかなかの量だ。一番左の大きいのも、その隣の小さいのも両方ともwhiting。目が恐いけど、上品な白身だ。最近ダーリンは蒲鉾を作り始めたので、大きいのはすり身にして蒲鉾用に。そして小さいのは天ぷらにする事にした。せっせとさばくのはダーリンの仕事で、私は横で魚を目的別にラップにくるむ。
IMG_9204_convert_20180227120225.jpg IMG_9205_convert_20180227120243.jpg

翌、日曜日、蒲鉾の下ごしらえをしながら、夕飯の天ぷらの準備もした。グリーンマーケットでマイタケも買ってきた。whiting は白身がほろっと甘くて、とても美味しい。釣ってきて、翌日の鮮度だからね、なんという贅沢。Juno Beachの海の恵みに感謝。
IMG_9212_convert_20180227120301.jpg
昨日の5Kレースの後、午後から Bass Pro Shopsへ行った。献血車がお店の前に来て、そこで献血すると映画の無料チケット2枚もらえる日だったので、私は献血バスへ。すごく混んでて受付に時間がかかって、採血し終わるのに1時間半くらいがかかった。その間ダーリンは、偶然店内でやっていたpompano fishing セミナーを聞けたとご機嫌だった。
IMG_8618_convert_20180122104537.jpg

釣り方、ルールから料理法まででてる。
IMG_8620_convert_20180122104708.jpg IMG_8621_convert_20180122104729.jpg

ということで、海の色がまだまだ茶色かったけれど、とにかくビーチに行ってみようと、久しぶりにHobe Soundの浜へ。釣り竿が立ってるのはみんなpompano狙いだ。
IMG_8626_convert_20180122104826.jpg

とにかく私達も竿を出した。椅子に座っていると海からの風が強くて寒いくらい。セミナーで習った餌の付け方を試したりしたけど、流れもあって餌が底に落ち着いていないかんじだ。
IMG_8628_convert_20180122105038.jpg

今日はスパムおにぎりを作っていった。とにかく空が青いと気持ちがいい。
IMG_8630_convert_20180122105113.jpg IMG_8629_convert_20180122105135.jpg

結局、Jack が2匹、小さい Bluefish が1匹、ナマズの仲間が3匹、という釣果で、、なのに肝心のpompano は気配もなかった。話では、もう少し北の方で釣れているらしい。そのうち南下してくるかなあ。

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30