Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

涼しくなって、水温が下がってきて、Juno Pierからもぼちぼちと釣り情報が聞こえてくるようになってきた。今週末はもわっと温かく風が強くていまいちの状況だったけれども、とにかく 「Pierに行って竿をだす」ことにしてでかけた。着いてみたら常連のみなさんの顔は少なく、いかにも釣れてなさそうだった。とにかく投げよう!と、支度。
IMG_5460_convert_20161219074904.jpg IMG_5457_convert_20161219074924.jpg
風も強いし、流れてるし、、、でも投げなきゃかからない。私はずっとゴッチャを投げ続け、1回はぐっときて魚の姿が見えたけどかからず、夕方になってもう一度ぐっときたけどちゃんとフック出来なかった。あ”〜悔しい。また来なくちゃ。

IMG_5458_convert_20161219074941.jpg
ダーリンはすっかり「今日はだめだから」とくつろぎ休日モード。通り雨がきたあと、虹が出た。

日曜日の夕方散歩、Abacoaのクリスマスツリーは雪のデコレーションがヤシの木をバックに映えていた、
IMG_5462_convert_20161219074958.jpg フロリダのクリスマス。
スポンサーサイト
Thanksgiving 明けの金曜日、Black Friday の買い物デー。午前中それなりにお買い得品をゲットし、午後からは Juno Beach にでかけた。だいぶ涼しくなって水温も下がり、ようやく最近、魚が岸近くに帰って来たようだ。Juno Bait 情報によると今週はpompanoも上がっていたというので、「一応ね」と竿を1本出してみた。数ヶ月ぶりに浜で投げるダーリン。空も海も綺麗で気持ちいいね〜。
IMG_5309_convert_20161126102943.jpg IMG_5311_convert_20161126103004.jpg
IMG_5312_convert_20161126103021.jpg

さて、釣りは、というと、それなりに竿がしなり、きた〜!と走ること数回。まずは Blue Runner がダブルでかかり、次は竿がすごく大きくしなったからなんだろうと思ったら、Lady fishだった。そのあとまた Blue Runner x1。Blue Runnerはアジの仲間だから美味しいけどね、「今日は君じゃないんだよ」とリリース。Lady Fishは大きくていい型だったけど、この魚は小骨が多くて、食べる努力と味のバランスが悪い。結局全部リリースした。贅沢かしら。
IMG_5314_convert_20161126103039.jpg IMG_5316_convert_20161126103058.jpg
日向が気持ちよく感じられる季節、お目当てのPompanoはかからず、夕方5時、寒くなってきたビーチをあとにした。
5K レースのあとJuno Pier に行ってダーリンと合流し、結局夕方までいてしまった。私が行った10時過ぎには朝の釣れる時間帯が終わりかけで、私はpompanoを1匹あげたものの、キープしていい大きさの11インチに0.5インチ足りず、正しくリリースした。

お腹が空いたから、publixに行ってサンドイッチを仕入れて来て、のんびりと風に吹かれてお昼ご飯を食べ、手すりで五十肩ストレッチをしながらぼちぼち釣りもしながら、湿度の低い気持ちのいい1日を過ごした。

時々人がワタワタと動く気配がある。行ってみて見たら、1回はカメが釣り針に引っかかってしまったのをネットで上げて、レスキューに運ばれるところだった。板の上でも海の方に首を延ばして、なんだか必死に戻ろうとしているようだった。
0507pier-2_convert_20160509100516.jpg

次は、ロッドをしならせて戦っている若者2人が目に入り、行ってみたら、1人は糸を切られ、もう1人が上げたのはおおきなジャックだった。50cmくらいはあっただろう。最近もっと大きなのも頻繁に上がっているそうだ。ダーリンも、バッファローみたいに群れになって泳ぐ姿をみたって。Cobiaとか、king mackerel 、snookと、こういう大物を狙って釣っている人たちは、いかに大きいのをあげるかというゲームフィッシングを楽しんでいる。とくにジャックは白人はほとんど持って帰ることはなくて、釣り上げると他の人に上げちゃうことも多いようだ。
0507pier-3_convert_20160509100543.jpg

私の竿では当然こんなのは上がらない。でも、だいたい、こんな大きいのはあんまり美味しくなさそうだから、ジャックはいらないかなあ。snookは 「とても美味しい」そうなので、一度は食べてみたいな。ダーリンはsnookスタンプ(ライセンスの種類特別許可証)も買ったから、釣れて大きさの規定にあえばキープ出来るけど、snook 釣りはなかなか手強い。
日曜日の夕方、砂浜裸足散歩に行くことにし、せっかくだからついでにルアー用に一本持って行こうかということになった。
Loggerhead の駐車場に車を停めて、ビーサンも脱いで車において、裸足で道路を渡って浜におりた。桟橋へ向かって北に歩くと1マイル弱、砂を裸足て歩くと、普段と違う筋肉を使うのがよくわかる。(翌日足が筋肉痛になる)
私がミーハー買いした Juno Bait オリジナルロッドで、ちょこちょことキャストしながら歩いた。
050116-1_convert_20160503103104.jpg

「ちょっと私にもやらせて」と肩のリハビリの一環として、、、?!投げてみた。投げる動作はそんなに痛くないよ〜と、楽しい気持ちで投げていたら、ガツンと来た!え???「なんかかかった〜!」とダーリンに向かって叫び、リールをまきはじめたら、右手で竿を持っていられない。。。ちょっと痛くてむり〜〜〜〜、でダーリンに代わってもらった。上がって来たのは、Jackだった。引きが強いなあ。はい、記念撮影。
050116-2_convert_20160503103124.jpg

桟橋ではこの日、大物がいっぱいあがったらしい。釣れ釣れ祭りにまた遭遇してみたいけど、この肩じゃまだちょっと無理かも。
今週のビーチ釣りは、Loggerhead Beach 南の、旧Juno Pierがあった場所へ。今は住宅地の中ながら、公のビーチアクセスになっている。駐車場が広くないから週末はどうかなあといいながら着いたら、ラッキーな事に丁度1台空いていた。車を停めて、道具をまとめてビーチに降りた。人が結構多くて、南側へ少し歩いて本日の場所決定。早速サンドスパイクを砂にさす。
043016-1_convert_20160502094425.jpg

例によって、バケツと、ビーチマットのセットアップ。今日はダーリンは海・酒 T-シャツを着用。夕方なれど気温は28℃、風のあるビーチは丁度いい暑さで、海水浴もしてみた。ビーチに寝転がって、右肩のストレッチも続けた。波の音をバックに、なんだか豪華なエクササイズに感じられてきていい感じだ。
043016-2_convert_20160502094504.jpg 043016-3_convert_20160502094529.jpg

しばらく何も釣れなかったけど、潮が変わって、竿がしなった!と思ったら、Blue runner だった。体の大きさの割に引きが強い。そしてその後Pompanoもきた。やったね!その後、またBlue runnerが釣れて、ダーリンは「きみじゃないんだよね」といいながらリリース。
043016-4_convert_20160502094835.jpg 043016-5_convert_20160502094623.jpg

7時半まで見張っていたけど、結局 1x Pompanoで終了した。
ここのシャワーはノブがついていて使いやすい。普通はポンと押すとじゃーっとでる形式で、竿や道具を洗う時にちょっと不便だったりする。夕暮れで海水浴の人はもういないし、ゆっくり洗って撤収。大抵のビーチアクセスにはこういう簡単なシャワーがあって、車に乗る前に砂を流すことができるのはとてもよいと思う。
043016-6_convert_20160502094650.jpg

しばらくこの場所に来なかったら、駐車場の右側に立派な家が建った。一番手前には不動産屋の事務所もできてた。バケーションレンタルが主なのか、もうシーズンオフだから、、、人の気配があんまりない。
043016-7_convert_20160502094913.jpg

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30