Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

昨日の5Kレースの後、午後から Bass Pro Shopsへ行った。献血車がお店の前に来て、そこで献血すると映画の無料チケット2枚もらえる日だったので、私は献血バスへ。すごく混んでて受付に時間がかかって、採血し終わるのに1時間半くらいがかかった。その間ダーリンは、偶然店内でやっていたpompano fishing セミナーを聞けたとご機嫌だった。
IMG_8618_convert_20180122104537.jpg

釣り方、ルールから料理法まででてる。
IMG_8620_convert_20180122104708.jpg IMG_8621_convert_20180122104729.jpg

ということで、海の色がまだまだ茶色かったけれど、とにかくビーチに行ってみようと、久しぶりにHobe Soundの浜へ。釣り竿が立ってるのはみんなpompano狙いだ。
IMG_8626_convert_20180122104826.jpg

とにかく私達も竿を出した。椅子に座っていると海からの風が強くて寒いくらい。セミナーで習った餌の付け方を試したりしたけど、流れもあって餌が底に落ち着いていないかんじだ。
IMG_8628_convert_20180122105038.jpg

今日はスパムおにぎりを作っていった。とにかく空が青いと気持ちがいい。
IMG_8630_convert_20180122105113.jpg IMG_8629_convert_20180122105135.jpg

結局、Jack が2匹、小さい Bluefish が1匹、ナマズの仲間が3匹、という釣果で、、なのに肝心のpompano は気配もなかった。話では、もう少し北の方で釣れているらしい。そのうち南下してくるかなあ。
スポンサーサイト
Juno Pierは冬の週末は夜中まで開いている。土曜日、夕方からおにぎりを持って夜釣りに出かけた。
今年はPierの売店や桟橋の屋根部分に電球のデコレーションがついた。だんだんと日が傾き、今は5時半には暗くなる。私は浅い所でCroakerを狙い、ダーリンはルアーをもって歩いていた。が、日が落ちる直前にブルーフィッシュの群れがまわってきて、複数の人の竿にヒットし始めた。ダーリンもすかさず参戦し、まるまると太った1匹をゲット。群れはすぐに去ってしまって私は釣れなかった。暗くなったので、ヘッドライトをつけて仕掛けを交換。
IMG_8235_convert_20171218100852.jpg

寒くも暑くもない丁度いい夜、餌をつけて竿を投げ、通称ピカピカ君=竿の先につけておくと、魚の当たりで緑の光が赤に変わるというすぐれものを装着してベンチに座ってくつろいだ。おにぎりはいつでもどこでも美味しいね。この夜は全体的にスローな感じ。夜9時頃に私の竿のピカピカ君が赤く点滅し、ブルーフィッシュがかかった。ダーリンが釣った1番大きいのは50cm以上のでぶっちょ。常連の釣り師が1匹くれたので全部で3匹を持って帰ってきた。
IMG_8236-FullSizeRender_convert_20171218100912.jpg

帰宅後、頭を落として内臓をだしておき、朝になって3枚にさばいた。半身だと一人分には大きすぎるので半分に切る事にした。塩水につけてから干物ネットに並べた。このベランダは西向きなので午後にならないと日が当たらない。しかも今日は夕方になって雲が多くなったから乾きは浅めになった。とにかく、早速夕飯用に2切れ焼いた。日本製の魚焼き用ホイルはほんとに優れもので、フライパンで簡単に焼き魚ができる。
いやいや、今日の魚は、じゅくじゅくと脂がたっぷりにじんできた。大根おろしで食べたら、美味しかった〜!
IMG_8240_convert_20171218100932.jpg IMG-8242_convert_20171218100952.jpg
日曜日、Juno Pierの朝。釣り人の出足が早いのは、今日は状況がいいのかな。
IMG_7754_convert_20171031214611.jpg

誕生日のダーリンの選択で、釣りに行くことにした。私が桟橋に行くのはすごく久しぶりだ。浜に近い方に、桟橋の主コニーをはじめ、いつもの人々がいて Crokerを釣っていた。とにかく参戦。風が強くて糸がたるむし、流れもあったけど、私でもまあぼちぼち釣れた。沖の方はスローながらもMackrel が時々上がっていた。
IMG_7764_convert_20171031214646.jpg

悪い人たちじゃないんだけど、この人ごみで、私の技量で釣り続けるのは疲れる。でもとにかくおかずは釣れた。夕方引き上げ前に誕生日セルフィー。
IMG_7763_convert_20171031214720.jpg IMG_7760_convert_20171031214744.jpg

釣果は11匹。Crokerは和名ニベ、イシモチの仲間。今日は干物にするために、腹開きに。さばき方を調べて作業に取りかかり、2、3匹目からコツをつかんだダーリンはせっせと11匹を開いて終了。
IMG_7766_convert_20171031214814.jpg
IMG_7769_convert_20171031214842.jpg IMG_7767_convert_20171031214906.jpg

そして、誕生日はピザとケーキでお祝い。なんとなくピザを2枚買いたかった、、、けど、もちろん1枚すら食べきれず。はは。。。お誕生日おめでとう〜!
IMG_7770_convert_20171031214936.jpg IMG_7771_convert_20171031214959.jpg
今週1週間かかって凍結割断装置のインスタレーションを終え、Lenが「帰る日を1日送らせて釣り行くから一緒にどうか」と誘ってくれた。チャーターボートに乗るのは初めてだったから行くことにした。今日の船は Trick or Treat Sportfishingの、その名も「Trick or Treat号」で、朝7時半にボート前集合、朝日のまぶしい灯台前のボートデッキから出発だ。
IMG_7568_convert_20171015101218.jpg IMG_7571_convert_20171015101339.jpg

タッチパネル式の魚探はもちろん、海底カメラも付いてるというボートはお客3人では十分過ぎるくらい広い。キャプテンのCurtisと Fishing MateのStephenの2人はとてもフレンドリーで親切だった。キャプテンは実はハロウィンショップの経営が本業なんだそうで、10月の忙しい時に船を出すので奥さんは不機嫌だったと。。。一方 Spephen はプロの釣り師で、毎日釣りをしているんだって。
IMG_7572_convert_20171015101244.jpg PA140138_convert_20171015101429.jpg

ボートはインレットを出て高速で沖へ向かった。今日の海は波があって穏やかではない。酔い止めを飲んできてよかった。トローリングの竿は全部 Stephenが準備する。餌を付けて入れて、その糸をアウトリガーにつなげて船の横を左右2本ずつ流す仕組みだ。これらは水面近くを餌が走るようになっているそうだ。それに加えてあと1−2竿は底近くに沈める仕掛けで流していた。
PA140119_convert_20171015101511.jpg PA140121_convert_20171015101536.jpg

Lenの提案で、魚がかかったら、1番目は私、2番目はダーリン、3番目はLenがあげるということになった。8時半頃、キュルルルルとリールから糸が出る音がした。きた〜!で、私がベルトをして竿をもって巻いた。大物を期待していたけどそんなに重くないなあとおもってあげてきたら、カツオの仲間だ。
IMG_7579_convert_20171015224052.jpg IMG_7575_convert_20171015224238.jpg

そのあと続けてまたキュルルルルと音がして、ダーリンの番。
PA140124_convert_20171015224203.jpg PA140126_convert_20171015224309.jpg

その魚がまだ上がりきらないうちにLenにも来た。
PA140125_convert_20171015224342.jpg PA140129_convert_20171015224407.jpg

このあと昼すぎまでに、マヒマヒが1匹、小さくてリリースしたマトンスナッパーが1匹、そしてあとはカツオが釣れた。Sailfish = カジキマグロがかかるかもしれないと、雨雲を避けて南下したところで、大きなマヒマヒがジャンプして一瞬リールがうなった!けどかからず。波がうねってて、キャプテン曰く「洗濯機状態」でどっちに船を向けても揺れて、たしかにそんな感じできつい。ダーリンは持ってきたおにぎりを食べられるくらい元気だったけど、私はなんだか胃が変で何も食べたくなかった。横でLenは大きなビール缶を4本空けてた。

そのまま大物はかからず、3時に終了して、とにかく体調も無事で港へ戻った。釣れた魚はStephenがさばいてくれた。マヒマヒをフィレにしてるのを見ていたら、なんだか雑で、、ダーリンは「ボニートは1本丸ごとくれ」とリクエスト。日本でいうスマガツオのようだ。タタキにしよう!
PA140144_convert_20171015224501.jpg PA140146_convert_20171015224533.jpg

人生発のチャーターボート体験。ぜーんぶ準備してもらって、魚がかかってから巻き上げるだけの殿様的釣りで、まあ魚とのファイトを楽しむんだろうけど、、、庶民の私達としては自分で釣った感がないねえという感じ。大きなカジキマグロでも釣れてたら違ったのかなあ。。。
涼しくなって、水温が下がってきて、Juno Pierからもぼちぼちと釣り情報が聞こえてくるようになってきた。今週末はもわっと温かく風が強くていまいちの状況だったけれども、とにかく 「Pierに行って竿をだす」ことにしてでかけた。着いてみたら常連のみなさんの顔は少なく、いかにも釣れてなさそうだった。とにかく投げよう!と、支度。
IMG_5460_convert_20161219074904.jpg IMG_5457_convert_20161219074924.jpg
風も強いし、流れてるし、、、でも投げなきゃかからない。私はずっとゴッチャを投げ続け、1回はぐっときて魚の姿が見えたけどかからず、夕方になってもう一度ぐっときたけどちゃんとフック出来なかった。あ”〜悔しい。また来なくちゃ。

IMG_5458_convert_20161219074941.jpg
ダーリンはすっかり「今日はだめだから」とくつろぎ休日モード。通り雨がきたあと、虹が出た。

日曜日の夕方散歩、Abacoaのクリスマスツリーは雪のデコレーションがヤシの木をバックに映えていた、
IMG_5462_convert_20161219074958.jpg フロリダのクリスマス。

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -