Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

Silver Springs State Park のメインゲートはキャンプ場から少し離れたところにある。公園の周辺はさびれていて、観光客向けのお店やレストランがある訳でもない。華やかではないけれども地元の公園という感じだ。
IMG_2161_convert_20181230120545.jpg

駐車場に入って、左側が公園入り口で、カヤックレンタル、ツアーをやっているお店は右手の奥にある。公園の入場は大人一人$2だけれど、キャンパーは車の掛け札を見せれば入れる。クリスマスだから公園内の飾りつけが可愛い。
IMG_2107_convert_20181230120612.jpg IMG_2108_convert_20181230120634.jpg

この立派なアーケードの建物には、グラスボートツアーのチケット売り場、公園の展示、レストランとアイスクリームショップが並ぶ。ぶらぶらと散歩して、アイスクリームを食べてというのんびりした観光。
IMG_2111_convert_20181230120759.jpg IMG_2147_convert_20181230120817.jpg

この公園は、なんとその昔、ターザン映画の撮影が行われたところだそうで、そのときに放されて野性化したのが今の猿達だそうだ。それから、魔物 Gill Manっていうのが出てくる The Creatureという映画もあったそうな。
IMG_2148_convert_20181230120840.jpg IMG_2149_convert_20181230120900.jpg

朝、日が差し込む前の泉は確かに怖い感じもする。でも、水が綺麗すぎて、Gill Manが出てきそうじゃないなあ。
IMG_2164_convert_20181230120722.jpg

朝一番のグラスボートツアーは10時からで、1人$11。キャプテン兼ガイドがずーっと語り続ける約30分の観光船だ。動物や植物の話、泉の地形などなど、盛りだくさんのお話で楽しいツアーだった。
IMG_2169_convert_20181230120935.jpg IMG_2170_convert_20181230120956.jpg

底から水が沸いている所は透明な水と白い石灰岩で、他の所は水草が群生している。一番深いメインの泉の所に3体の像が沈んでいて、それを見てから戻ってくる。
IMG_2172_convert_20181230121025.jpg IMG_2176_convert_20181230121059.jpg

のんびりした公園。もう少し家から近ければ素敵な散歩コースになりそうだね。
スポンサーサイト
クリスマスキャンプには、カヤックが出来るState Park でキャンプをしようと計画していた。去年予約が大変だったので今年は10月くらいにチャックし始めたら、もう週末や休日は殆どのサイトが予約で一杯になっていた。それでもとにかく日にちを少しずらしたりして、ようやくSilver Spring State Parkのキャンプサイトを取ることが出来た。
到着してみたら、区画が広くて隣との距離が広くてとても良い所だった。サイトに水道と電源付きで1泊$24に手数料と税金はかなりお得だと思う。だからこそ予約競争が激しいのかもしれない。周りににぎやかなキャンパーもいなくて、静かで平和なキャンプになった。
IMG_2178_convert_20181229102307.jpg IMG_2102_convert_20181229102325.jpg

テントは奥の方に張れる。備え付けのグリルは使わずに、持ってきた小さいグリルで夕飯の支度。キャンプファイヤー用に薪を割ったりしていたら、車の方からコツンコツンばたばたと何度も何度も音がした。カーディナルのメスかな、サイドミラーに映った自分の姿をつついては突進して落っこちていた。何度やっても納得いかないようで、2泊ともずっとやってた。同じ個体だろうと思う。
IMG_2119_convert_20181229102358.jpg IMG_2135_convert_20181229102423.jpg

キャンプファイヤーの火を眺めてじーっとしていると、気持ちが静かになる。普段からストレス少ない生活していると思うけれど、それでもやっぱり蓄積するものがあるのかも。そういう固まりがだんだん燃えて消えていくような気がする。冷えていく夜に火の暖かさが心地よい。
横の茂みからガサガサと足音?が聞こえた。まさか、、とうとうSkank Ape 登場か?と一瞬期待しつつ、それにしては体重が軽そうな音だよなあと考えていたら、ダーリンも音を聞いて顔を上げた。音の方を向いたら、炎でシカのシルエットが見えた。ありゃ、、シカだよ、シカ。。。わざわざこんなにそばを通っていくなんてびっくりさせるなあ。
IMG_2124_convert_20181229102440.jpg

早朝、テントから出て周りをちょっと走った。日の出すぐの林は美しい。
IMG_2159_convert_20181229102535.jpg

キャンプの朝のコーヒーは、日本製のドリップコーヒーで贅沢に。本当に個別包装の技術がすばらしい。
IMG_2179_convert_20181229102514.jpg

今回は、到着して設営して、2日目にカヤックにでかけて泊まって、翌日の昼にチェックアウトの2泊3日のキャンプ。ここだったらもう少し長くいて、何にもしない日をすごしてもいいかもしれない。
何かの記事を読んで以来、フロリダの広い湿地の何処かにスカンクエイプがいたっておかしくないんじゃない?と勝手に思っている。ダーリンは相手にもしてくれないし、もちろんテレビでよくやるビックフットを探せ!の企画はあまりにもやらせだと思う。でも多分、この湿地の雰囲気が、「もしかして、、」と妄想させるんだろう。そして、前に検索していて見つけて、いつか行ってみたいと思っていた Skunkape Headquartersをとうとう訪れた。キャンプ場のギフトショップになっていて、正面にある像はちょっとギャグっぽいけど、、、ここか!!!
FullSizeRender_convert_20181111113131.jpg IMG-1672_convert_20181111113107.jpg

レビューにも書いてあったけれども、店内にはアリゲーター関係のお土産が多かった。でもスカンクエイプの足型や写真が飾ってあって、オリジナルシャツや小物も売っていた。記念にTシャツを買うためにレジに持っていった時に、そのおじさんにスカンクエイプを見たことある?と聞いてみたら、「自分はないけれど、今ここで自分と喋っていた男の弟がその写真を撮ったんだよ」という。え?え?え? 飾ってある写真を撮った人の兄さん???何だか急に話が現実っぽくなった。
IMG-1674_convert_20181111113152.jpg IMG-1677_convert_20181111113214.jpg

ホームページによると、写真を撮った Dave Shealy氏は、この近隣を中心に調査を継続していて、7−9頭のスカンクエイプが生息していると報告している。
map_convert_20181111113242.jpeg

「彼はすぐ戻ってくると言っていたから、ちょっと待ってたら?」と言われて、巨大パイソンなどを見学しなから待っていた(本当はこの別室に入るのには入場料がいるようだったのに、ドアを開けて入れてくれたんだ。) 数分後、後ろのドアから入ってきた男性(兄さん)に、「あなたの弟さんが写真を撮ったんですってね」と声をかけてみた。が、その人は機嫌が悪かったのか、いきなりアジア人が質問したから警戒したのか、「仕事があるから話せない」、とさっさとお店の方に行ってしまった。私も、そっちが出口だったし、並んで歩いて出て行ったら、「何が聞きたいんだ?」という。「いえいえ、、ただ、スカンクエイプを見た人の家族だと聞いたので、お会いしたかったんです」と言ったら、一瞬にっこり笑って、また元の無愛想な顔に戻った。だから、Nice to see you と言ってお店を出、すでに車に戻っていたダーリンのところに帰った。様子からすると、私のレジをしてくれた人は近所のパートの従業員らしい。時間がきて、自転車で帰って行くところで、その彼に向かって兄さんは何かを怒鳴っていたから、もともと今日は機嫌が悪かったのかもしれない。

スカンクエイプ、、、今日の兄さんの警戒した目を見て、本当にいるんじゃないかとますます思えてきた。弟の調査や写真について、これまで色々聞かれたり、多分嘘つき呼ばわりされたりしたのかもな、、、と想像した。もし彼がおしゃべり好きだったら、営業トークみたいに聞こえちゃっただろう。 湿原のミステリー、スカンクエイプ!
FullSizeRender_1_convert_20181111113038.jpg
翌日、Myakka River State Parkにも寄ってきた。フロリダの州立公園のなかでも古い歴史のあるところで、1930年代に建てられた建物が残っている。
IMG_1186_convert_20180904004433.jpg IMG_1190_convert_20180904004533.jpg

サイズが大きいアリゲーターが沢山見られるのが売りらしいけれども、今の時期は水位が高いし、気温も高いからゲーターは水の中に散らばっているんだろう。Myakka riverは川の幅が広い。冬に来たら陸に上がったゲーターが一杯見られるかもね。
IMG_1198_convert_20180904004756.jpg

キャノピートレイルというのがある。高い塔のような構造物に登れるはずだったんだけど、トレイルがおもいっきり水没していた。途中まで行って引き返して来た家族連れ曰く、膝上まで水があって、子供連れで泥水の中を歩いて行くのは気分よくないからやめたとのことだった。水着に着替えて行くっていうこともできたけど、まあそこまですることもないかと断念した。
IMG_1188_convert_20180904004606.jpg

で、お昼に外を見ながらバーガー、BBQポークサンドとビール。天気がよくて気持ちいい。。。。
IMG_1199_convert_20180904004645.jpg IMG_1201_convert_20180904004713.jpg

近くで鶴の声が聞こえて見に行ったら、Sandhill Crane のペアが駐車場にいた。ずんずん歩いて来て、ピクニックテーブルでお昼を食べていた家族を「ガン見」。きっと誰かが食べ物をやったことがあるんだろう。鳥の眼っては虫類っぽくて眼力強いよね、でもこの家族は決して食べ物を差し出さず、無視してた。偉い!
IMG_1202_convert_20180904004837.jpg IMG_1206_convert_20180904004911.jpg

Upper Lakeの木道に行ってみた。やっぱり水位が高い。植物や鳥見をしながらゆるーく散策した。
IMG_1208_convert_20180904005000.jpg
IMG_1215_convert_20180904005037.jpg IMG_1219_convert_20180904005108.jpg
Myakka地域は、フロリダのビッグフット Skunk Apeの目撃情報が多い。2017年には地域の新聞記事にもなっているから、公園に展示があるかなあと期待していたんだけど、、、なかった。ちぇ。

IMG_1220_convert_20180904005142.jpg
フロリダトライアスロンTシャツを見つけて買った。なるほど、つねに追いかけられるから速くなるかなあ。。。
Labor day の3連休、フロリダ半島を横断し、今回は Warm Mineral Springsに行ってきた。ちょっと早起きして家を8時過ぎに出発し、3時間ちょっとのドライブ。途中でお昼を済ませて、Springsに12時頃入った。地元じゃない人は大人$20の入園料。施設はファンシーでも何でもないんだからちょっと高いなあという感じだ。この場所は「若返りの泉」として知られる鉱泉で、水が涌き出す所は水深70mくらいあるそうだ。
IMG_1226_convert_20180903103100.jpg IMG_1171_convert_20180903103135.jpg

男女別の更衣室兼シャワーとトイレがあって、鍵のかかるロッカーも借りられる。水着になったら、広い泉を囲む芝生に並んでる椅子をに荷物をおいて泉に入るという仕組み。お客はロシア語が圧倒的に多い。ダーダーとそこら中から聞こえてくる。ロシアには泉に浸かる慣習があるらしい。
IMG_1176_convert_20180903103214.jpg
水は硫黄のかおりがしっかりする塩水で、細かい泥で濁っている。普通の水より浮かぶから、ヌードルの浮き一本で快適にふわふわできる。ロープが張ってある周りは足がつく。下がは岩と泥で、その泥を体や顔に塗ってもいいらしい。ロープの中は深い泉の上にあたるところだ。水温は30℃ということだから、寒くはないけれどもぬるいプールな感じ。

ぼーっと浮かんでいて、30−40分で上がって日光に当たって、また浮かんで、、、気持ちいい。ほぼ眠りに近いくつろぎ時間。途中でアイスクリームを買って食べたりしつつ、結局4時まで浮かんでた。
IMG_1178_convert_20180903103239.jpgIMG_1223_convert_20180903103312.jpg
浅い所にはメダカみたいな魚が群れている。そこでじっとしていると、魚が手足をプチプチとクリーニングしてくれるのを発見。
この泉に浸かった翌日、肌がすべすべでびっくりした。若返り効果?!?また行かなくちゃ。。。。

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -