Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

週末の夕方、ビーチに散歩にでた。昨日はサンドレーキを持ってサンドフリーを取りながら歩き、今日はルアーをもってちょっとだけ投げながら歩いた。ぶらぶら歩いていても約2キロの往復で、足の筋肉が張ってくる。砂を歩くにはいつもと違う筋肉を使っているんだという実感。

今週はずっと釣りはスローだったようだ。桟橋にも釣り人が殆どいない。それでも波に向かってルアーを投げると、もしかしたらガツッとくるかも、というドキドキがある。(今日はなんにもこなかったけど)
IMG_2390_convert_20190114130401.jpg

うねりが入ってる感じの海。少しは日が長くなって来たみたい。日の入りの時刻になると海水浴客も観光客もいなくなるから静かで気持ちいい。
IMG_2391_convert_20190114130502.jpg
スポンサーサイト
年が明けて2019年元旦、初日の出を見にJuno Pier に行った。日の出前の月と明けの明星が美しい。
IMG_2224_convert_20190102044718.jpg

今朝は低い所に雲がかかっていたから、日の光が雲の端を照らして、隙間から光を放つ感じだった。
IMG_2235_convert_20190102044737.jpg

雲の上に出て来た太陽はもう金色。今年も健康で楽しく過ごせますようにと、初詣のかわりに海詣だ。
IMG_2257_convert_20190102044757.jpg

海岸から上がった所にいつものG'sが集合していて、Happy New Year!と挨拶して帰って来た。
毎月最初の土曜日はFriends of Jupiter Beachが Cleanupを開催している。今月は International Coastal Cleanupとのジョイントイベントになっていた。学会で渡米中のH内さんが帰国の前にフロリダに寄ってくれて我が家に滞在中なので、地元イベント参加体験ということで3人で出かけた。H内さんはダーリンの会社の同期で、今は大学の先生をしている。International Coastal Cleanup のTシャツで記念撮影。
IMG_1613_convert_20181104105131.jpg

今日は雲が多くてゴミ拾いには丁度良い天気だった。8時開始で、約1時間半歩いてゴミを拾った。発泡スチロールのかけらやプラスチック類が多いけれど、今日は私は大きなスコップ、砂が詰まったソックス、長く海を漂流していたらしいビーサンなども拾った。
IMG_1615_convert_20181104105153.jpg IMG_1616_convert_20181104105213.jpg
駐車場のパビリオンに戻って、ドーナツ、パウンドケーキ、ヨーグルトなどなどの朝食を食べて、気持ちのよい週末の朝のイベントを終了した。

このあと日中はカヤックで遊んで、夕方、Ganabanasに行ってビールと早夕飯。帰る前にデッキの椅子に座って写真を撮ったりしていたら、楽しそうなアメリカ人のグループが降りてきて、と思ったら、1人がいきなり椅子にダイビングしてきた。ぎゃはははと笑っていたら、その友人の女性が私のカメラで「写真撮ってあげる」という。「はい、こうやって〜」という彼女のかけ声でなんだか楽しい写真が撮れた。その子はそのあとしばらく私の横に座って、自分はこの辺で育って、今は教師をしていて、旦那さんはニュージーランドのひとで、とおしゃべりをしていった。そしてこの「super friendly」な男子は Samというそうだ。。。なんだかよくわかんなかったけれど,楽しい交流??だった??
IMG_1630_convert_20181104105232.jpg
2019年のダーリンの誕生日はJupiter Dive Centerでダイビングすることにした。3日前まで海況を見ながら考えていて、行こう!と決めて予約をした。が、前日にDive Centerから海が荒れ気味だけれどもどうしますか?と確認の電話が入った。2-4 feetの波ということで、2だったらいいけど、4だったら結構きついなあと思いつつ、行くと返事をした。

当日朝、陸上は微風で、これで波があるんだろうかという感じだったが、Dive Centerいわく、沖は波があるとのこと。お客は私達の他に3人で、Republic VIIは9時に出船した。キャプテンも「インレットをでたら波があって驚くよ」というし、、酔い止めを飲んで覚悟を決めた。
IMG_1540_convert_20181031113334.jpg

あ〜でも、沖も思った程波は高くなかった。時々どんぶらこな感じではあるけれど、器材の準備をしていても気持ち悪くなる程ではなかった。そして、飛び込んだ海は、透視度20mくらいまでは回復していたし、水温27℃。まずまずだった。
IMG_1560_convert_20181031113413.jpg IMG_1543_convert_20181031113353.jpg

今日、「誕生日になにか新しいことをはじめる」というダーリンは、ロブスター捕獲のスネアと網を持って入った。ワイヤーが輪になっていて、それをロブスターにかけて、きゅっと引っ張ってしめる道具だ。流れが殆どなかったから、東西にふって泳ぎながら北へ向かうようにして、岩の割れ目にいるロブスターを探してはスネアをかける練習だ。これがなかなか難しくて、しかもロブスターは素早い!1本目は結局1匹もかけられず、2本目でようやくコツが分かって3匹かけたけれども規定の大きさ以上だったのは1匹だけだった。とにかく初ロブスター漁は1匹お持ち帰り〜。

IMG_1546_convert_20181031113429.jpg 帰ってきてから記念撮影。

そして、頭は2つに割ってみそ汁に。シッポは刺身に。ぷりぷりで甘い身は、ボタンエビのお寿司を思い出させた。2人でわけてもそれなりの量だった。アメリカ人は港でエビの頭をとって捨てちゃうんだよね、もったいない!
IMG_1553_convert_20181031113448.jpg IMG_1554_convert_20181031113517.jpg
お誕生日おめでとう〜。
Palm Beach County Diving Association が企画した夏の終わりのパーティーは、Artificial Reefを増設する為の寄付金集めをテーマに、Loggerhead Marinelife Centerで開催された。入場チケットはひとり$5で、BBQディナーとビールがついてくる。6時開場のイベント、きっとアメリカ人はそんな早く来ないよねと話しながら行ってみたら、なんのなんの、入り口には列が出来ていた。開場に入って、まずはご飯とビールを、ライブバンドの前で食べた。海辺の夕方の生ビール、美味しい。赤潮も1週間で少しはおさまったらしい。
IMG_1355_convert_20181007221801.jpg IMG_1357_convert_20181007221843.jpg

建物の中のテーブルには、近隣のダイビングショップや他のスポンサーから提供されたギフトが入ったバスケットが並んでいて、自分のラッフルチケットを希望のギフトの抽選箱に入れる。チケットは入場券で各自1枚、追加は$20で「片手の長さ分」、$50で両手幅という販売方法だった。商品がとにかく豪華!ダイビングボート券、新品のBCD、3点セット、衣類や防水バッグ等にお酒やコーヒーやレストランの食事券、日焼けスパ利用券、、、あたったら絶対嬉しいものばかりだ。うちは$20の券を買って(15枚くらい)半分ずつし、それぞれ好きな所に入れた。参加している人々はみんな真剣そのもの。
IMG_1359_convert_20181007221921.jpg IMG_1360_convert_20181007222020.jpg

抽選は3回に分けておこなわれ、最後の回は8時過ぎころだった。番号が呼ばれる度に集まった多分200人以上のひとがおおきなため息、っていう感じになってきた。あーーー当たりたいー、、、と周りとともに私も熱くなっていた。そこへ、「次は Jupiter Dive Centerの、、、」というアナウンスで、「番号は***」、で、隣のダーリンが「やった!」と。え〜?ほんとに〜?

興奮してたらしく、会場での写真を撮り忘れた。が、後日FBにポストされた写真の中にこの写真を発見!
IMG_1413_convert_20181011105752.jpg

帰宅して記念写真。バスケットの中は Jupiter Dive Centerの2ボートダイブ券、Dive Bar restaurantの$25食事券、保温タンブラーにTーシャツ、帽子。。。これは、嬉しい〜!!
IMG_1361_convert_20181007222055.jpg IMG_1362_convert_20181007222143.jpg

早速潜りに行かないと!

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -