Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

金曜日夕方6時半頃、プリントした紙を取りにロビーを通ったら、帰り支度をした Karenがセキュリティデスクの女性と話していた。「駐車場でウサギが車にあたったらしく、足を動かしているけれども起き上がれないらしい、どうしようかと思って」と言う。外をみると、駐車場に入ってくる道路に平たい物体が、、、と思ったら、足がぴょこぴょこ動いた。あらら、、、これは放っておく訳にはいかないね、と、段ボール箱とタオルを調達して、Karenと一緒に外へ出た。タオルで包むようにして箱のフタにのせて、日陰の芝生の上にうつした。外傷はないけれども、内臓の打撲かもしれない。自力で起き上がる事はできないようだ。
IMG_6250_convert_20170429111844.jpg

さあ、どうしよう、野生動物の保護だからと、思いついたのは Bush Wildlife Sanctuary。Karenが電話したけれど、4時半に閉園していた。「じゃあ警察は?」と言ったら、「何にもしてくれないわよ」とKaren。でもどこに連絡すればいいかは教えてくれるかもと、とにかく電話してみた。そうしたら、なんとパトカーの警官がきてくれるという。まずはよかった。

しばらくして警官が到着した。事情を説明すると、自分からもう一度 Bush Wildlifeに電話してみるといってくれた。でもやっぱり、「時間外だから明日の朝まで無理」ということだったので、Karenが自分の家に連れて行って明日の朝連れて行くと準備を始めたら、なんとその警官に、「ボランティアに連絡がついたから引き取りに行く」 と連絡が入った。やった〜。警官はまだ留まっていて、ボランティアの人と電話で連絡をとって、場所と到着時間の確認までやってくれた上で、「じゃあ、自分は行くけれども、もうすぐくるはずだから」と去って行った。やるな〜、Jupiter Police!

10分くらいして、救急車のような車が到着した。すごいな、動物レスキュー用専用車だ。屋根にライトまでついてる。
IMG_6252_convert_20170429111918.jpg

車から降りてきた Ed はウサギの首や足をささっとさわって、「Not too bad」だという。ウサギはショック状態になると比較的すぐ死んでしまう動物なんだそうだ。でもこのウサギは、背骨も大丈夫そうだし、もしかしたら動けなくなってから日向に横たわっていたせいで脱水状態なだけかもしれないという。そして車からもってきたのは、なんと生理的食塩水の点滴だ。背中の皮下に針をさしてウサギの点滴開始。ちょっと明るい兆しに、あとから出てきたS子さんに、生理的食塩水の組成、浸透圧を質問するくらい余裕の雰囲気になった。
IMG_6256_convert_20170429112048.jpg IMG_6259_convert_20170429112026.jpg

引き取りの書類を書いて、Karenはウサギを Max と命名した。専用ケージにウサギを移して助手席の足元において、出発準備完了。ボランティアの Ed にお礼を言って、握手して、みんなで車に手を振って見送った。Bush Wildlife には治療施設があるから、このウサギはもしかしたら助かるかもしれない。
IMG_6258_convert_20170429112111.jpg

それにしても、警察がウサギの為にやって来てくれて、ボランティアが傷ついた動物の引き取りにきてくれる、この平和な町 Jupiter に感謝!な、金曜日のハッピーな締めくくりの出来事だった。
スポンサーサイト
4月になって、いよいよこれから暑くなるなあという感じの快晴の土曜日、Stuart へドライブしてお昼を食べる事にした。I-95で北上すれば約30分でインレット水辺の小さな街中に到着だ。今日は Mulligans Beach House Bar & Grill に入ってみた。水辺のボードウォークに面した1階のバーと、2階はレストラン。2階の窓際席に座った。窓から入ってくる風が気持ちいい。店内はいかにもなビーチバー風だ。私達が座った後で急に混んできた。
IMG_6029_convert_20170402112729.jpg IMG_6026_convert_20170402112749.jpg

なんとなく、、、気分はPina Colada。フローズンのココナッツミルクが美味しい。
IMG_6032_convert_20170402112812.jpg

シュリンプラップとフィリーリーズサンドイッチ。美味しかった!
IMG_6033_convert_20170402112834.jpg IMG_6034_convert_20170402112856.jpg

お店を道路表側から見ると、おおきなカジキが目印だ。水辺を歩く他にも、この近所は小さなお店が並んでいてウィンドウショッピングも楽しい。
IMG_6036_convert_20170402112921.jpg

この季節に一斉に鮮やかな黄色の花を咲かせるのは Tabebuia Tree だ。ノウゼンカズラの仲間。ある日突然黄色になる感じがする。南フロリダの初夏の色だなあ。。。
IMG_6037_convert_20170402112946.jpg
木曜日、昼の時間にちょっと余裕があったので、Coolinary Cafe にランチに行った。

Jupiter では有名なお店で、洒落た店内は日本でも流行りそうな感じだ。料理もそれぞれちょっと気が利いている。ダーリンが最近気に入っているメニューは "Rabbit Sausage & Noodles"、ソーセージと野菜とパスタ(ソフト麺?)があっさり味ですこし酸味のあるスープに入ってる。しめじやシイタケもはいって旨味を追求しているのかも?!ウサギ肉はウサギっぽくなない。
私が頼んだチキンサンドイッチは、網焼きのチキンにカリカリベーコン、そしてクランベリーソース入り。このちょっと甘いサンドイッチは癖になる。
IMG_5976_convert_20170325091430.jpg IMG_5977_convert_20170325091452.jpg

カウンター席の前で4人の料理人がてきぱきと分担作業をこなす様子も感じよい。いつか昼ワインでゆっくりランチしたいなあ。
Hobe Sound Nature Centerの横からビーチに下りる階段は、なんとなくトトロに出てくる小径っぽい。木の下をくぐって降りて行くと、
IMG_5865_convert_20170227083435.jpg

ビーチが開ける。ここはインレットに面しているから海岸ではない。それでも今日は風が強くて寒いくらいだった。家族連れが水着で椅子を出して遊んでいたけど、体感温度が違うんだろうなあ。
IMG_5866_convert_20170227083454.jpg

ビーチはあきらめて、トレイルへ。フロリダの海岸線のトレイルで、白い砂の道が続く。看板に目を留めると Florida mouse だって。ネズミの固有種がいるんだね。
IMG_5867_convert_20170227083516.jpg IMG_5868_convert_20170227083544.jpg

平べったいフロリダ湿地では、このくらいの高台が「頂上」になる。木のあいだからインレットの水面が見えた。砂を歩くから、それなりの運動になる。これから暑くなって来たらこのトレイルもきつくなるなあ。
IMG_5869_convert_20170227083605.jpg
2月は Grassy Waters PreserveでHighwaymen Art Exhibit が開催されている。木々が裸で、Nature Centerはなんだかモノクロの冬景色みたいだ。
IMG_5843_convert_20170221084313.jpg

今年は本格的にギャラリーみたいになっていた。彼らが描いたフロリダの風景は、空の色、海の色、花の色、どれもがまさにフロリダの色だと思う。生活の為に描いていた絵のはずなのに、自然を写し取ったこの色遣いに負の気分は感じない。
IMG_5860_convert_20170221084338.jpg IMG_5844_convert_20170221084358.jpg
IMG_5846_convert_20170221084428.jpg

木道を歩くと、ジュニパーの新芽が出てきていた。「春ってこと?いつでも暑いけど、ちゃんと季節が変わってるんだね」とダーリンが改めてつぶやいた。ほんとにね。
IMG_5855_convert_20170221084529.jpg IMG_5856_convert_20170221084551.jpg

今日はボートドックの反対側に赤ちゃんアリゲーターがいた。目を閉じているところに、「おい!」と声をかけたら目を開けた。
IMG_5849_convert_20170221084624.jpg

そして、木道奥のカヤックドックから眺めたら、体調1.5mくらいのゲーターが泳いでくるところが見えた(写真中央の水面のでっぱり)。この子はずーっとこっちに向かって来て、物見台の下に入った。何考えてるのかなあ、この生き物は。。。
IMG_5857_convert_20170221084655.jpg

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -