Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

今日の夜7時37分に SpaceXのロケットが打ち上げられるというのを知ったので、見学に、今回はKSCではなく、車で2時間ちょっとの Titusvilleの街の公園、その名も Space View Parkを目指した。
途中でサンドイッチを買って、5時45分頃に公園着。すでに沢山の人が椅子を出したり、その辺に座ったりしていた。
IMG_6737_convert_20170703120608.jpg

私達も椅子とクーラーボックス持参で、今日の打ち上げの Launch Pad 39Aのほぼ正面に座った。正面とはいえ、打ち上げは対岸だから距離はかなりあある。双眼鏡が必要。
IMG_6735_convert_20170703120548.jpg

iPhoneで SpaceXの実況を見ながら、「マイナス 1minute」というところまできた。のに、、、何も起こらず。ライブ映像は固まった。そのうち周りの人も、失敗か?残念。という声が聞こえ始めた。ダーリンが横にいた人に聞いたら、「問題が見つかって、それが打ち上げ可能な1時間の枠内では修復出来ないから中止になった」ということだった。
あ”〜〜〜〜。

遊園地のショーじゃない、実際の仕事なんだもんね、しょうがない。と、夕暮れになってきた公園を後にした。
スポンサーサイト
連休中日、快晴も快晴、気温は33℃で体感気温が36℃という暑さだった。午後、Palm Beach Ice Creamにミルクシェイクを買いに行って、それを持って海岸を偵察に行った。Juno Pierの駐車場は満車で、停まれない車がうろうろしているくらいだった。いや〜、夏休み本番さながらの混み方だ。ビーチももちろんすごい人で、北も南もパラソルだらけ。
IMG_6451_convert_20170529111205.jpg
IMG_6452_convert_20170529111224.jpg
中には傘無しで寝転んでいる白人もいたけど、この日射しで一体どうなっちゃうだろう。。。
Memorial day は夏の始まりの日で、BBQの公式解禁日?だという。うちのアパートには毎日BBQしている人もいるから、別に関係ないんだろうけど、この祝日当日はBBQコンロは超満員だ。じゃあ、土曜日にBBQしようか、と計画した。トウモロコシの醤油焼がやりたかったんだ。が、プール脇のBBQコンロは、昼過ぎから既に場所取りされていた。仕方ないから車にお道具一式を積み込んで、Riverbend Parkまで行った。混んでるかと思ったら、拍子抜けするくらい人が少なかった。入り口付近を工事中なのが影響しているのかもしれない。

ピクニックアイランドのヤシ葺き屋根がいくつか取り払われてしまっていて、ここも工事か?と焦ったけれども、奥の3つはそのままだった。ヤシが吹き替えられていたから、他のもやり直すのかもしれない。とにかく場所を確保し、荷物を運び、椅子やテーブルを設置して、ダーリンは早速炭に火をつける。うろうろしてると邪魔にされるので、私はハンモックで待機。日陰は気持ちいい。水辺で木の下だから蚊が多いのが困りものだ。虫除けスプレーを全身にかけて、蚊取り線香と虫除けキャンドルをつけて対抗する。
IMG_6438_convert_20170528094548.jpg IMG_6439_convert_20170528094608.jpg

持って来たサラダなどで乾杯。肉にスパイスをふってしばらく置く。ちょっと動くと汗が吹き出るかんじだ。そしてトウモロコシに醤油をつけながら焼く。ほんとにいいにおいだ〜。
IMG_6441_convert_20170528094648.jpg IMG_6444_convert_20170528094629.jpg

リブアイを2枚。John Rash直伝のテキサス風ステーキは、チリパウダーとディルウウィードの香りが特徴で、すっかり我が家の定番だ。でも、ダーリンは他のテキサス人に聞いたら、そんなの知らないと言われたらしい。ま、いっか。。。
IMG_6447_convert_20170528094708.jpg
なんだかちょっとキャンプの気分だねといいながら、夏の初めの夕方時間を楽しんだ。
金曜日夕方6時半頃、プリントした紙を取りにロビーを通ったら、帰り支度をした Karenがセキュリティデスクの女性と話していた。「駐車場でウサギが車にあたったらしく、足を動かしているけれども起き上がれないらしい、どうしようかと思って」と言う。外をみると、駐車場に入ってくる道路に平たい物体が、、、と思ったら、足がぴょこぴょこ動いた。あらら、、、これは放っておく訳にはいかないね、と、段ボール箱とタオルを調達して、Karenと一緒に外へ出た。タオルで包むようにして箱のフタにのせて、日陰の芝生の上にうつした。外傷はないけれども、内臓の打撲かもしれない。自力で起き上がる事はできないようだ。
IMG_6250_convert_20170429111844.jpg

さあ、どうしよう、野生動物の保護だからと、思いついたのは Bush Wildlife Sanctuary。Karenが電話したけれど、4時半に閉園していた。「じゃあ警察は?」と言ったら、「何にもしてくれないわよ」とKaren。でもどこに連絡すればいいかは教えてくれるかもと、とにかく電話してみた。そうしたら、なんとパトカーの警官がきてくれるという。まずはよかった。

しばらくして警官が到着した。事情を説明すると、自分からもう一度 Bush Wildlifeに電話してみるといってくれた。でもやっぱり、「時間外だから明日の朝まで無理」ということだったので、Karenが自分の家に連れて行って明日の朝連れて行くと準備を始めたら、なんとその警官に、「ボランティアに連絡がついたから引き取りに行く」 と連絡が入った。やった〜。警官はまだ留まっていて、ボランティアの人と電話で連絡をとって、場所と到着時間の確認までやってくれた上で、「じゃあ、自分は行くけれども、もうすぐくるはずだから」と去って行った。やるな〜、Jupiter Police!

10分くらいして、救急車のような車が到着した。すごいな、動物レスキュー用専用車だ。屋根にライトまでついてる。
IMG_6252_convert_20170429111918.jpg

車から降りてきた Ed はウサギの首や足をささっとさわって、「Not too bad」だという。ウサギはショック状態になると比較的すぐ死んでしまう動物なんだそうだ。でもこのウサギは、背骨も大丈夫そうだし、もしかしたら動けなくなってから日向に横たわっていたせいで脱水状態なだけかもしれないという。そして車からもってきたのは、なんと生理的食塩水の点滴だ。背中の皮下に針をさしてウサギの点滴開始。ちょっと明るい兆しに、あとから出てきたS子さんに、生理的食塩水の組成、浸透圧を質問するくらい余裕の雰囲気になった。
IMG_6256_convert_20170429112048.jpg IMG_6259_convert_20170429112026.jpg

引き取りの書類を書いて、Karenはウサギを Max と命名した。専用ケージにウサギを移して助手席の足元において、出発準備完了。ボランティアの Ed にお礼を言って、握手して、みんなで車に手を振って見送った。Bush Wildlife には治療施設があるから、このウサギはもしかしたら助かるかもしれない。
IMG_6258_convert_20170429112111.jpg

それにしても、警察がウサギの為にやって来てくれて、ボランティアが傷ついた動物の引き取りにきてくれる、この平和な町 Jupiter に感謝!な、金曜日のハッピーな締めくくりの出来事だった。
4月になって、いよいよこれから暑くなるなあという感じの快晴の土曜日、Stuart へドライブしてお昼を食べる事にした。I-95で北上すれば約30分でインレット水辺の小さな街中に到着だ。今日は Mulligans Beach House Bar & Grill に入ってみた。水辺のボードウォークに面した1階のバーと、2階はレストラン。2階の窓際席に座った。窓から入ってくる風が気持ちいい。店内はいかにもなビーチバー風だ。私達が座った後で急に混んできた。
IMG_6029_convert_20170402112729.jpg IMG_6026_convert_20170402112749.jpg

なんとなく、、、気分はPina Colada。フローズンのココナッツミルクが美味しい。
IMG_6032_convert_20170402112812.jpg

シュリンプラップとフィリーリーズサンドイッチ。美味しかった!
IMG_6033_convert_20170402112834.jpg IMG_6034_convert_20170402112856.jpg

お店を道路表側から見ると、おおきなカジキが目印だ。水辺を歩く他にも、この近所は小さなお店が並んでいてウィンドウショッピングも楽しい。
IMG_6036_convert_20170402112921.jpg

この季節に一斉に鮮やかな黄色の花を咲かせるのは Tabebuia Tree だ。ノウゼンカズラの仲間。ある日突然黄色になる感じがする。南フロリダの初夏の色だなあ。。。
IMG_6037_convert_20170402112946.jpg

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -