Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

Palm Beach County Department of Environmental Resources Managementが企画している秋から冬のイベントに、Running Wildというのがあって、去年からチェックしても近くのイベントは日にちが合わなくて行かれなかった。が、この土曜日にとうとう初参加した。Jupiter Ridgeで3マイル半のコールを走る Running Wildは、朝7時半にスタートだった。家から2マイルなので、そこまで自転車で行って走る計画で1人で出かけた。

Jupiter Ridge Natural Area を駐車場から眺めた景色。暑くなくていい天気だ。受付テーブルにはオーガナイザーと、シェリフもサポートに来ていて、約20人の参加者が集まっていた。
IMG_1973_convert_20181210074447.jpg

コースの簡単な説明があって、スタート。このコースを9周する50km、14周する50マイルのウルトラマラソンを走っている人たちも来ていた。「雨が降っていないから砂は柔らかいのでゆっくり走るのがいい」というアドバイスだ。
IMG_1979_convert_20181210074509.jpg IMG_1972_convert_20181210074537.jpg

スタート直後に誰かが撮ってくれた写真。ブルーのシャツが私で、これは後ろ半分のグループ。そしてこのあと更にどんどん抜かされて、それでもゴールしたら私のあとにまだ3−4人がいた。
IMG_1977_convert_20181210074610.jpg

白い砂、砂、砂、ふかふかだよ。。。誰かが、ビーチの方がずっと走りやすいと言っていたけど、まさに。そしてこのコースはそれなりの勾配の上り坂もある。坂の写真を撮った後、携帯をしまう前に知らずに撮れた写真が砂。これがこのランの記録だなあ。。。心拍数が急激に上がるし、これはいいトレーニングだ。走り終わったタイムは1マイル12分半のペースだったから、砂地で自分としてはそれなりだけど、ウルトラマラソンにはほど遠いなあと思った朝ランだった。
IMG_1975_convert_20181210074633.jpg IMG_1976_convert_20181210074654.jpg
それでも、このあと2マイル自転車こいで帰ってきて、翌日の筋肉痛がさほどでもなかったのがちょっと嬉しい。
スポンサーサイト
Juno Beachにあるショップ Tri Bike Runが、TRB Run/Walk Programを始めた。今まで5Kを走ったことが無い人、5Kのためのトレーニングをしたい人を対象にして、毎週水曜日の夕方、グループで走る会だ。その他、毎日のトレーニングの提案もあって、最近ちょっとダレ気味のランニングに喝を入れる為に参加する事にした。

集合したらお店の前でパワーストレッチ。この日は寒くて、外に立っていると風が冷たくてジャケットが欲しいくらいだった。腿あげなどで少しあったまったら走りにスタート。3人のコーチが3つのグループを見る。私は11分/マイルのグループに入った。初回は1マイルランで、2分走って1分歩くプログラムだった。1マイルだからまずはイージーだ。
IMG_1954_convert_20181209122422.jpg

1マイルランのあと、再びお店の前で集合。Spencer, Amber, Chrisの3人のコーチと、トレーニングのスタートについて話をして、クールダウンのストレッチをしておしまい。
IMG_1955_convert_20181209122450.jpg IMG_1957_convert_20181209122513.jpg

FaceBookように撮影された記念写真。ビギナーコースで、年齢層も高め?だから、競争のプレッシャーもない。これから8週間よろしく!と解散した。
IMG_1970_convert_20181209122535.jpg
今朝はRoger Dean Stadium で 2018 Stronger than Cancerの5 Kmレースがあった。MPFI のランニングチーム Lauf Mannschaftはチームエントリーした。子供の癌と闘っている家族をサポートする The Pediatric Oncology Support Team (POST) の主催のレースで、癌に負けないスーパーヒーローをテーマに、参加者もヒーローのコスチュームで走ろう!という会だった。我がチームは、チームTシャツに何かをプラスすることを呼びかけ、私はバットマンのチュチュで走った。Ericは予定していたコスチュームが届かず、前夜考えたという、Captain Underpants で登場した。Underpantsの下に短パンを履いて来てくれてよかった。。。
PA061299_convert_20181007061510.jpg PA061301_convert_20181007061639.jpg

特に集合場所や時間を決めていないうちのチームは、集合写真を撮るのが大変だ。この他に出発ギリギリで来たメンバーもいる。
PA061308_convert_20181007062251.jpg

7時半、380人のスタート。警察が出て、道路は通行止めになるし、白バイの先導もある。
PA061311_convert_20181007062359.jpg PA061331_convert_20181007102124.jpg

Central Blvd.を北上して折り返し、最後は球場の中に入る。ダーリンがコーナーの所でみんなの写真を撮ってくれた。ありがとう!今日の私は、30分を切れないタイムで終わった。最近走り不足だからしょうがない。でも年齢別の3位に入って表彰記念撮影。賞状をくれたBarbaraさんも癌と闘う人で、こういう人たちが前向きに、他の家族をサポートする活動を支えているのがすごいと思う。
PA061388_convert_20181007102339.jpg IMG_1354_convert_20181007102249.jpg

走り終わった時には近所に住んでいる応援団も来てくれていた。
IMG_1353_convert_20181007102215.jpg

今日のオチ。時間ギリギリに登録して走ったCarlos、23才と書いた、数字の2が7に読まれたらしい。記録の70歳以上の欄に彼の名が登場。。。あははは。
IMG_1350_convert_20181007102501.jpg
今朝、いつものコースを走って行ったら、あ〜、G'sが定位置に集っていた。Juno Pierの手前のやしぶき屋根の下、朝日が海から上がってくる時間に集合しているグランパ達、G's (じ〜ず)の皆さんは私が前を通ったら 「Nice to see you again!」と手を振ってくれた。きっと7−8月は暑すぎるから朝の集いはお休みだったんだね。
IMG_1246_convert_20180906104125.jpg

Everyday is beautiful と、前にG'sに教わった言葉を思い出しながら、今日の日の出を見ながら気分よく帰って来た。
IMG_1245_convert_20180906104058.jpg
5月5日土曜日は、2018年のTurtle Trot だった。前日まで「土曜日は雨」の予報だったのが朝、公園に集合したころは晴れていて、よかったね〜と言っていた。Debbie家族、Yasu夫妻、Allenが来たところで記念差杖。でも、ちゃんとしたランナーのYasu本人はウォーミングアップ中で写っていない。Connonは寝坊はしなかったものの、二日酔いらしいという情報が入った。
IMG_9791_convert_20180507034745.jpg

スタート10分前になって、参加者がスタートラインに並んだところで、ザーッとスコールがきてびしょびしょになった。そして空に虹が出て、なんとなくいい気分のなか、スタートのアナウンスが無かったのか、聞こえなかったのかのまま、ずるずると列が動き始めてスタートだった。800人の参加だからスタートラインを踏んでから自分のペースで走れるようになるまで、渋滞のなかを進む感じだ。
IMG_9814_convert_20180507034847.jpg

今回はとにかく最初からなるべく速く走ってみようと思っていた。大体レースの時は最初がオーバーペースになるから、この日の最初の1マイルは9分10秒といい出だしになった。そのあと2マイル目で心拍数がいつもより速いなあと感じながら、だんだんばてて、マイルラップにして約10秒ずつくらい遅くなった。ゴールの公園に入る角の所でダーリンが撮ってくれた写真をみても、思い切りへばっている。もうすこし速そうに見える姿勢で走ってみたいもんだ。
IMG_9804_convert_20180507034710.jpg

28分55秒でゴール。去年の30分丁度から、今年の目標の28分台にギリギリか。。。これで性別年齢カテゴリー別で53人中6位だった。トップ3に入るには25分で走らなくちゃならないから、1マイル当たり1分以上縮めないといけないわけで、道は遠いなあ。二日酔いConnonも含めて、みんな無事にゴールしたところで全員の記念撮影。MorganとBethが、自作のタートルの甲羅をしょって応援に来てくれた。Yasuは5秒差で年齢別の3位を逃して、今年はだれも入賞しなかったのは残念だなあ。
IMG_9794_convert_20180507034813.jpg

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -