Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

今朝はRoger Dean Stadium で 2018 Stronger than Cancerの5 Kmレースがあった。MPFI のランニングチーム Lauf Mannschaftはチームエントリーした。子供の癌と闘っている家族をサポートする The Pediatric Oncology Support Team (POST) の主催のレースで、癌に負けないスーパーヒーローをテーマに、参加者もヒーローのコスチュームで走ろう!という会だった。我がチームは、チームTシャツに何かをプラスすることを呼びかけ、私はバットマンのチュチュで走った。Ericは予定していたコスチュームが届かず、前夜考えたという、Captain Underpants で登場した。Underpantsの下に短パンを履いて来てくれてよかった。。。
PA061299_convert_20181007061510.jpg PA061301_convert_20181007061639.jpg

特に集合場所や時間を決めていないうちのチームは、集合写真を撮るのが大変だ。この他に出発ギリギリで来たメンバーもいる。
PA061308_convert_20181007062251.jpg

7時半、380人のスタート。警察が出て、道路は通行止めになるし、白バイの先導もある。
PA061311_convert_20181007062359.jpg PA061331_convert_20181007102124.jpg

Central Blvd.を北上して折り返し、最後は球場の中に入る。ダーリンがコーナーの所でみんなの写真を撮ってくれた。ありがとう!今日の私は、30分を切れないタイムで終わった。最近走り不足だからしょうがない。でも年齢別の3位に入って表彰記念撮影。賞状をくれたBarbaraさんも癌と闘う人で、こういう人たちが前向きに、他の家族をサポートする活動を支えているのがすごいと思う。
PA061388_convert_20181007102339.jpg IMG_1354_convert_20181007102249.jpg

走り終わった時には近所に住んでいる応援団も来てくれていた。
IMG_1353_convert_20181007102215.jpg

今日のオチ。時間ギリギリに登録して走ったCarlos、23才と書いた、数字の2が7に読まれたらしい。記録の70歳以上の欄に彼の名が登場。。。あははは。
IMG_1350_convert_20181007102501.jpg
スポンサーサイト
今朝、いつものコースを走って行ったら、あ〜、G'sが定位置に集っていた。Juno Pierの手前のやしぶき屋根の下、朝日が海から上がってくる時間に集合しているグランパ達、G's (じ〜ず)の皆さんは私が前を通ったら 「Nice to see you again!」と手を振ってくれた。きっと7−8月は暑すぎるから朝の集いはお休みだったんだね。
IMG_1246_convert_20180906104125.jpg

Everyday is beautiful と、前にG'sに教わった言葉を思い出しながら、今日の日の出を見ながら気分よく帰って来た。
IMG_1245_convert_20180906104058.jpg
5月5日土曜日は、2018年のTurtle Trot だった。前日まで「土曜日は雨」の予報だったのが朝、公園に集合したころは晴れていて、よかったね〜と言っていた。Debbie家族、Yasu夫妻、Allenが来たところで記念差杖。でも、ちゃんとしたランナーのYasu本人はウォーミングアップ中で写っていない。Connonは寝坊はしなかったものの、二日酔いらしいという情報が入った。
IMG_9791_convert_20180507034745.jpg

スタート10分前になって、参加者がスタートラインに並んだところで、ザーッとスコールがきてびしょびしょになった。そして空に虹が出て、なんとなくいい気分のなか、スタートのアナウンスが無かったのか、聞こえなかったのかのまま、ずるずると列が動き始めてスタートだった。800人の参加だからスタートラインを踏んでから自分のペースで走れるようになるまで、渋滞のなかを進む感じだ。
IMG_9814_convert_20180507034847.jpg

今回はとにかく最初からなるべく速く走ってみようと思っていた。大体レースの時は最初がオーバーペースになるから、この日の最初の1マイルは9分10秒といい出だしになった。そのあと2マイル目で心拍数がいつもより速いなあと感じながら、だんだんばてて、マイルラップにして約10秒ずつくらい遅くなった。ゴールの公園に入る角の所でダーリンが撮ってくれた写真をみても、思い切りへばっている。もうすこし速そうに見える姿勢で走ってみたいもんだ。
IMG_9804_convert_20180507034710.jpg

28分55秒でゴール。去年の30分丁度から、今年の目標の28分台にギリギリか。。。これで性別年齢カテゴリー別で53人中6位だった。トップ3に入るには25分で走らなくちゃならないから、1マイル当たり1分以上縮めないといけないわけで、道は遠いなあ。二日酔いConnonも含めて、みんな無事にゴールしたところで全員の記念撮影。MorganとBethが、自作のタートルの甲羅をしょって応援に来てくれた。Yasuは5秒差で年齢別の3位を逃して、今年はだれも入賞しなかったのは残念だなあ。
IMG_9794_convert_20180507034813.jpg
今朝は Jonathan Dickinson State Park で DTR Endurance Challengeのトレイルランレースだった。距離は4種類、5K, 7mile, Half (13.1mile), 50kで、私は7マイルに参加した。昨日の雷雨のあと、今朝はすっかり快晴で湿度も低い快適な朝だった。7マイルは7時45分出走。
IMG_9682_convert_20180429092749.jpg IMG_9674_convert_20180429092829.jpg

トレイルは奥に行ったらかなりぬかるんでいて、大きな水たまりが続く所もあった。でも、去年冬のナイトランの時に比べれば、水溜まりはくるぶしまでだったし、明るいからよく見えるし、楽しく水たまりをびしゃびしゃと走った感じ。7マイルといいつつ、実際はちょっと短かったようで、1時間12分でゴールした。去年のように後半バテルこともなく、逆に少しペースを上げて帰って来られたので気分よい。
IMG_9680_convert_20180429092925.jpg IMG_9676_convert_20180429092955.jpg

メダルをかけて記念撮影。靴もそんなにドロドロにはならなかった。コースの途中で、ずっと私の前を走っていた男性が給水所のすぐ向こうで間違った道に行きそうになったのを呼び止めた。その人がゴールしてから話に来て、「あのまま行っていたら今、まだどこかをさまよっていたね」と。コースはしっかりマークされているけど、彼は「Wrong Way」という大きなサインの横を通って行ってしまいそうだったんだ。疲れてきたら誰でもやってしまいそうだと思う。そしてもし、コースを外れて迷子になっちゃったら、公園内ではあるけれど心細いよなあ。。。
IMG_9683_convert_20180429093028.jpg IMG_9656_convert_20180429093054.jpg

今回はMPFIからは、私とJoeだけの参加だった。Joeはハーフマラソンにエントリーして、私より30分前に出走していった。帰ってくる彼をゴールで待っていて、おつかれーの記念撮影。そして、MPFI御用達のカメラパーソンとして顔なじみの Tracyは、トレイルラン初参加だと言いながら、なんと女子の部7マイルの1位でゴールしていた!旦那さんも男子の総合2位だった。各距離毎、男女別の1−3位が表彰される時にはスパークリングワインを振って栓をあけるセレモニーがあって歓声をあげた。
IMG_9661_convert_20180429093137.jpg IMG_9667_convert_20180429093200.jpg

ハーフマラソンまでのレースが終わっても、もちろん50kmのレースはまだまだ続いていた中で、私は服を着替えて、ピクニックエリアに移動してハンモックをつるした。レース会場から流れる音楽を聞きながら、ちょっとお昼寝し、そのあとで公園のコンセッションにランチを食べにいった。フードトラックのおばさんはいつもの人で、私の顔見ていきなり、「ビール2本とチーズバーガーでしょ?」だって。。。あはははは、なんで〜? 「どうしてだかわからないけれども、あなたの顔覚えてたのよ、ビールはクアーズ?」と、2本出て来たのを、あ、いえ、今日はイエングリングで、、と代えてもらった。
IMG_9672_convert_20180429093235.jpg IMG_9692_convert_20180429093259.jpg
バーガーが出来るのを待っている間にさっそく乾杯!朝5時半に一緒に起きてくれたダーリンに、ありがと〜。
2月24日、Riverbend Parkで5Kレースがあった。7時半のスタートでも、かなり暑かった。国歌が歌われて、スタートのサイレンが鳴って、真ん中あたりにいた私は例によってゆるゆるとしたスタートだ。なんと、Jupiter Drift DiversのVeronicaが参加していて、写真を撮ってるダーリンに気づいて手を振ってくれた。友達に誘われての5K初参加だったそうだ。
IMG_9162_convert_20180226070330.jpg IMG_9175_convert_20180226070400.jpg

公園内のトレイルを走るコースは気持ちよかった。でも、この前の献血ダメージ以降、走る量が減っていたせいだろう、しんどかった割には思っていたよりも遅いタイムになった。とにかくゴール。MPFIのチームから、妊娠6ヶ月のAudreyが、「出産前の最後になるから」と、見事に完走した。すごい!父になるAndreとともに、来年はベビーカーを押して走るって。
IMG_9177_convert_20180226070427.jpg IMG_9171_convert_20180226070458.jpg

みんなゴールして、記念撮影。前回目覚ましをかけ間違えたConnonもちゃんと参加した。Kateは今回も「いまいちだった」と、年齢別の2位。用事があって帰ってしまったので表彰式の写真はなし。
IMG_9143_convert_20180226070519.jpg

そして、Ericが年齢別の3位に入った。自分の目標タイムには届かなかったと言って不完全燃焼気味。そのあとで、みんなで、このコースは絶対5kmより長かったんじゃないかという話になった。たしかに、私の時計で3.26 mile(5.25km)あった。
IMG_9156_convert_20180226070903.jpg

この前のHonda Classicで自分の目標だった30分を切って、やればできると嬉しくなった時に、この「なせばなる」ランイングタイツを買った。ネットで見た時、アメリカ製なのになんで、なせばなる?と笑ったんだけど、そのあとじわじわと欲しくなった。今回初めて履いたのに、結果は「為さねば成らぬ」を噛み締めることになった。身体は正直だ。ちょっと頑張るとちょっと納得の結果になり、ちょっとお休み気味になると、思ったようにはならない、ってことだ。またもうちょっと頑張ろうっと。
IMG_9140_convert_20180226070921.jpg IMG_9142_convert_20180226070940.jpg

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -