Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

Karen が研究所の仕事を辞めるまであと少し。娘家族がいるノースカロライナに行ってしまう。そして母Teresaもフロリダを離れて、ニューオリンズの息子の家の隣に住むことを決めた。KarenがMPFIにきたのは私の数ヶ月後で、以来、「extended family」としてホリデーのお祝いにはいつも呼んでくれて、6年近くをすごしてきた。
今日は「the last supper」、最後の晩餐とジョークを言いながら、Teresaの手料理をご馳走になった。ブラジル風オレンジシュリンプはクリーミーで白いご飯によく合うんだ。。。デザートはお手製のスポンジケーキにベリーのソースをかけて。
IMG_6428_convert_20170522111620.jpg
おいしい料理に、Teresaのとまらないおしゃべりに大笑いして4時間くらいがすぐ過ぎた。今日はKerenも私もシーモンキーを飼っていた話で盛り上がった。

Karenの愛犬エメットはもうすぐ16歳の老犬だ。今回の引越で彼もノースカロライナの新生活を始める。引越準備中には娘家族の家に一足先に行ってしまうそうだ。Phoebeの家には、子供が2人、犬が2匹、そしてなんとモルモット5匹がいて、エメットがくつろげるかどうかが懸案事項らしい。モルモット専用の部屋が一部屋と、レタスの野菜畑隣接の屋外施設があるんだと、スカイプとビデオで見せてくれた。おもしろいなあ。
IMG_6429_convert_20170522111818.jpg

家を売るにあたってはいろいろ大変で、3度目の正直でようやく決まった。来週には車と飛行機を使って、家族総出の引越大作戦!何事も無く進むといいね。寂しくなっちゃうけれども、、、旅行の行く先が増えたと考えよう。
IMG_6432_convert_20170522111839.jpg
何年か前のクリスマスにお届けしたラン、紫のバンダはTeresaのお世話のおかげで年に2回花をつけている。この花もニューオリンズに一緒に行くそうだ。新しい場所でも元気で花をつけてね〜。
スポンサーサイト
先週1週間、出張で日本に行っていた。戻ってくる前に実家に寄って、新緑の景色を眺めてきた。
4月に庭の一画で、文化財保護法令にもとづいた試掘が行われた。市の60%は保護地域に該当するらしく、地元では「掘れば何か出る」のは当たり前の事だといわれていると聞く。

2x3mの土を掘り返して、文化財の有無を確認するんだそうだ。そして運悪くお皿のかけらがでてしまったそうな。鎌倉時代の地層まで到達する前の地層だったらしいけれども、後日、全面調査の決定がくだされた。しかも調査発掘は順番待ちで、5−6ヶ月待てという。なんだかおかしな話だ。おかげで予定していた妹の家の工事は大幅に送れることになり、段取りが狂って大変だ。工事が始まるからと昨年末には植木屋さんも入らず、母は松の枝が伸びてきたのを気にし始めた。
IMG_6380_convert_20170518112152.jpg IMG_6379_convert_20170518112213.jpg
こうして掘り返して「調査、出土」した文化財は、そのまま段ボールに入って保管されるだけらしい。なんのための文化財保護なんだろう。市民の都合を全く無視した意味不明の決まりに思える。

軒先ではピンクのバラが咲いていた。去年の母の日に送った寄せ植えのバラを植え直して育ててくれたんだって。
IMG_6381_convert_20170518112234.jpg
おかげで、庭木はもう一シーズン生きながらえることになったけれどね。
いくつもの締め切りが一度にくるのは、きっと「何とかの法則」に違いない。どうしようもなくて1日仕事した日曜日の夕方、外へ行かなきゃやってられん!と、DuBois Parkへ行った。日が傾いてきた時間なのに、相変わらず所狭しとBBQをする人々でにぎわっていた。静かそうなところを選んで、ハンモックを設置し、ダーリンは読書。
IMG_6264_convert_20170501210243.jpg

そして私はジョギングへ。BBQの人々の間を抜けて走るのは、なぜか心苦しい。。。はは。。。約3マイル走った後は潮風に吹かれて、は〜、これを息抜きって言っていいのかなんだか。。。
IMG_6266_convert_20170501210306.jpg
山ちゃん達とのマナティスイムで知り合ったNikkaさんは、フリーダイバーで、イラストレーターでそしてフロリダではネイルアートの仕事をしている。前から一度ネイルをしてね〜と言っていたのが、今日突然実現することになった。Coral Springs にある Body and Soul Retreatまでは車で約1時間。ターンパイクを降りて割とすぐでわかりやすかった。

早速、人生初のネイルアート体験。
IMG_5992_convert_20170327090400.jpg

ベースコートに始まって、ジェルネイルは一塗りしては紫外線で重合させる。
IMG_5993_convert_20170327090427.jpg IMG_5995_convert_20170327090446.jpg

今日リクエストしたのは「桜のキラキラネイル」。ベースの色を抑えめにして、手描きの花とホログラムみたいなスパンコール、そしてシルバーのラメでまとまった。トップコートを重ねて出来上がり。約1時間半の作品だ。手が綺麗じゃないのが玉にきずだなあ。
IMG_5996_convert_20170327090512.jpg IMG_5997_convert_20170327090532.jpg

私は爪を伸ばさないから、丸く短い爪でどうかなあと思っていたけれど、それでもきらっと、つやっと、桜満開ですっかり豪華な気分に鳴った。これはちょっと癖になりそうだ。
FullSizeRender_convert_20170327090554.jpg
金曜日、昼にちょっと出かけて帰ってくる時に、タイヤ空気圧の警告灯がついた。この間もちょっとぬけてランプがついたから、またそれだろうと思っていたら、2−3分走ったところで、なんだかガタガタいいはじめた。研究所までもうすぐだったのでとにかく駐車場に入れて降りてみたら右の後ろがぺったんこで、摩擦熱で熱くなっていた。あぶないあぶない。

すぐに保険会社State Farmに電話してロードサービスを頼んだ。高い保険料を払ってるんだから、こういう時くらい使わないと。「タイヤ交換はカバーされているし、1時間以内には行かれる」ということだった。そうしたら数分でサービスの担当から電話があって、5分くらいで来てくれた。ラッキー。しかも、「これなら直せる」と、その場でジャッキアップして、注入剤をいれて直してくれた。
IMG_5948_convert_20170320050101.jpg

「こんなのが刺さっていた」と取り出されたのは、大きなカッターナイフの刃みたいだ。なんこんなものがタイヤにざっくり刺さるかねえ。まったく。。。これじゃあ、あっという間に空気が抜ける訳だ。
IMG_5949_convert_20170320050120.jpg
作業はものの10分で終了し、$25。スペアタイヤに代えてもらって、タイヤ屋に持って行く手間を考えたらまあ良かったとしよう。

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -