Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

夕方、散歩に出かけた時のこと。Marcinski Road に出る手前から、なにかブーンブーンという電気器具が唸るような音が聞こえていた。誰かが折れた木をチェーンソーで切っているのかと思っていたら違った。通りに出て音がする方向を見ていたら、なんと、電柱の上と下で火花が散っていて、音もそこから出ていた。通りには誰もいなくて、そばの家がどこかに連絡したのかどうかもわからない。でも見ていると電線からの火花はバチバチと大きくなっていく様子なので、FPLの連絡先をググって探したけど、なかなかその番号が見つからず、それよりも、警察に電話した方がいいかもしれないと思って、Jupiter Policeの 緊急ではない方の番号にかけた。

電話に出た女性に自分の場所を説明するのに手間取り、でもなんとかMarcinskiの突き当たり近く、というのは分かってもらえたようだ。「すぐに警察と消防が行くから」と言われた。ほんとにすぐに警察の車が見えて、それが到着したかしないか位のタイミングで、電線からバシッと大きな音と火花がでて、しーんとなった。警官に、あの電柱で、いま丁度バシッと火が出た、と説明していたら、そばの家から女性が出てきて、ずっと音がしていて、今瞬停したという。でも、現場は音も火花もなくなったので、警官もどうしようもないようなかんじだ。そこへ消防車が来るのも見えたので、「行ってもいいですか?」と聞いたら、いいというので、その場を去った。
file-2_convert_20170917102807.jpeg

US1まで降りていったところで、消防車が戻ってきた。結局何もせずに大丈夫ということになったんだろうか。。。
帰り道に見ても、何事も無かったかのようだった。変圧器か何かがショートしたんだと思うんだけど、そのままにしておいていいのかなあ。
スポンサーサイト
火曜日朝、ホテルから自宅アパートへ戻った。途中、信号がまだ機能していないところもあり、車の運転は神経を使う。Marcinski Roadを曲がって家に近づくと、大きな木が倒れて車線をふさいでいた。
IMG_7360_convert_20170913100240.jpg

反対側から見たら、木は根っこから倒れていた。夕方散歩に行った時には、枝が切られて、とにかく道路の幅は確保されていた。災害後の街の対応はかなり早い。
IMG_7358_convert_20170913100338.jpg IMG_7361_convert_20170913100405.jpg

うちのユニットの被害は、窓枠から強風で水が入ってきた程度ですんだ。この建物でも壁を伝って部屋に水が入ったところもあったと聞いた。停電していたのが何時間なのかわからないけれども、とにかく復旧していて、冷蔵庫の中も大丈夫そうだ。水道も、インターネットもすべて正常で、ほんとうにありがたい。。。

夕方、ビーチに降りていったら、学校が休みになったせいなのか、若者達が沢山遊んでいた。被害のひどい地域の様子をテレビで見て、同時にこういう浮かれた様子をみると複雑な気分だ。
IMG_7362_convert_20170913100442.jpg

Bluffのショッピングスクエアは、あ〜、Lana Thaiの看板が壊れていた。。。お店の人は丁度休暇でタイに帰国しているけど、帰ってきたらショックだろう。そして、道路側のブドウがなった木は大方倒れていた。
IMG_7364_convert_20170913100516.jpg IMG_7366_convert_20170913100541.jpg

木がまるでちぎられたようになっている。風が巻いていったとしても想像しづらい。
IMG_7367_convert_20170913100631.jpg

ハリケーン Irma が過ぎ去って、居間から夕陽を眺めた。普通の生活ができるありがたさを忘れちゃいけないんだね。
IMG_7369_convert_20170913100834.jpg
ハリケーン Irma はカテゴリー5の勢力を保ったまま、フロリダ半島に接近中だ。ニュースでは、サテライトでの観測史上最大級と言ってる。が、今日木曜日はまだまだ快晴で、朝ランのときも平和なビーチで日の出を見た。
IMG_7322_convert_20170908043930.jpg
Juno Pier のヤシ葺き屋根のところに毎朝集っているおじいさんグループの1人が最近、私が走っている姿を見ると手を振ってくれるようになった。そして昨日は「Keep up the good work, Kiddo!」と声をかけられた。Kiddo と言われて、そうかそうか人生まだまだよね、と朝から気分よくした。ははは

今日のお昼で研究所の建物は閉鎖された。土曜日からは発電機に切り替わると言う。来週どのくらい停電が続くかによって、いつ仕事復帰かが決まる。

状況は心配だけど、心配していてもしょうがないので、、、迎えに来てくれたダーリンとCoolinary Cafeでランチにした。私はバーガー;盛りつけがお洒落だなあ、ダーリンはお気に入りのウサギ肉ソーセージのスープヌードル。レストランも明日には閉まるんだろう。
IMG_7324_convert_20170908043955.jpg IMG_7325_convert_20170908044018.jpg

ガソリンスタンドはガソリン品切れのところもあるし、あるところは車の列ができている。スーパーは土曜日朝まで開けているそうだ。陸路で補給があるから昨日無かった水も今日は入っていたりしているけれど、この週末のハリケーン上陸、そしてその後、本当にどうなってしまうんだろう。。。
今朝は風邪からほぼ復帰したダーリンと一緒に朝散歩した。ビーチまで歩いて行って、そこから私だけ1マイル走り、歩いて戻ってきた。その途中、スムージ屋さんに立寄ってみた。数あるメニューの中から、SeabreezeとRechargeを選んだ。フルーツたっぷりで美味しい。高いけどね。
file-2_convert_20170903100214.jpeg file1-2_convert_20170903100143.jpeg

あとで調べたら、スムージーとは、果物野菜を凍らせて、そのままミキサーにかけるところがシェイクなどとは違うそうな。日本のクックパッドにもレシピがでていたから、最近はスムージ屋さんもあるのかもね。
去年10km走に出て以来、左の足の付け根からお尻にかけて張った感じがあり、時々痛くなる。自分でストレッチしても気持ちいい程度で、痛いところを伸ばすのは難しい。この前、大船のルミネの中に指圧マッサージに寄ってみたら、お尻をグーっと押し込んでくれるのが気持ちよかった。こういうのってアメリカではDeep Tissue Massageっていうのかなあと思い、ちょっと近所を探してみた。そして今日、Jupiter Beach Resortのすぐそばにある European Therapeuticsに行ってみた。初回の特別価格、1時間マッサージが$49。

セラピストのCalmenはマッサージ歴20年以上だそうで、自ら「指の力は強め」だと言っていた。ベッドはふわふわで、うつぶせになっていても圧迫感がない。痛い部分を説明したら、全身マッサージに、お尻から腰を集中的にという風にしてくれた。最後の方に「トリガーポイントを押すから」と、膝を使って足の付け根をぐいーっと押し込んでくれたのが気持ちよかった。この人なかなかよいかも。
o1_convert_20170828095534.jpg (写真はウェブより)

もみ返しがどのくらいでるか、様子を見て、もう一回ぐらい行ってみようかな。

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30