Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

10月初めから、Palm Beach Gardens の日曜日朝のマーケットが外会場に移った。今シーズン初で今日行ってみたら、駐車場が一杯で、人が多かった。まだSnow Birdsのみなさんは来ていないだろうにねえ。

KaiKaiでDianeに挨拶し、日本ナスとチンゲン菜を買った。そしていつもの、ほんとは肉屋さんで、マイタケを購入。今日は天ぷらにする予定。
IMG-1435_convert_20181015112607.jpg

日本と同じ食材は手に入らないものも多いけど、私達はこだわりが少ないのか、まあそれなりに現地に適応した食生活をしていると思う。でも時々は、皮が硬くないナスだって食べたい!ので、今日のナスは期待大。
スポンサーサイト
赤潮がフロリダ東海岸にも発生してビーチが閉鎖になったのは9月末。その後1週間で、「赤潮の微生物は減少」という結果をうけてビーチは開放された。でも海沿いに行くとのどがいがいがして咳が出る感じは続いていた。今週、ハリケーンマイケルがフロリダ半島の反対側を直撃し、北西部では大きな被害が出た。Jupiterは全く被害は無く、やれやれだった。

おまけに、ハリケーンの影響で、沿岸の水が入れ替わったらしい。海の色が青く戻った。今週の釣果レポートは「ハリケーン後良好」ということだったので、Juno Pierにほんとに久しぶりに釣りに行った。浅瀬で生活する魚はやっぱり赤潮の毒素の影響があるだろうから、今日は沖側で回遊してくる魚を狙う作戦だった。駐車場は空いていて、まだビーチ閉鎖の影響を感じた。桟橋はいつもの顔もみえたけど、混雑はしていなかった。
IMG_1419_convert_20181014100512.jpg IMG_1429_convert_20181014100539.jpg
午後の約4時間、投げたり休んだり、海風が気持ちよかった。けど、、、結局何も釣れなかった。

夕陽が傾いて桟橋は散歩の人も増えた。10月一杯はカメの産卵シーズンで、桟橋は日の入り時間までで閉まる。あ〜あ、残念だったねと、撤収した。
IMG_1424_convert_20181014100611.jpg
IMG_1423_convert_20181014100630.jpg

本日の残念会は、DQのチョコレートアイスクリーム、ラージサイズ!!ラージは大きかった。。。
IMG_1433_convert_20181014100713.jpg
Nikkaさんにネイルをしてもらいに Coral Springsまで行ってきた。今回は足の爪を「海色にしてエイをおよがせたい」という、季節感を無視したお願いをした。Grand CaymanでStingrayと遊んだ楽しい想い出を、ビーサン生活に生かそうと思いついたのね。ただ爪に色を塗るだけではなくて、フットスパっていうんだろうか、爪や甘皮の手入れに、スクラブ、オイルマッサージまで施して頂いて贅沢な気分。ダーリンも隣の椅子に座っておしゃべりに参加し、お茶まで頂いた。
IMG_1368_convert_20181009114327.jpg IMG_1363_convert_20181009114414.jpg

下塗りの綺麗なブルー。
IMG_1373_convert_20181009114455.jpg

そこに白っぽくスポンジで色をのせ、キラキラも足した。さすがアーティスト。
IMG_1374_convert_20181009114531.jpg

最後に黒でエイのシルエットを右の親指に描いてもらった。エイ!ありがとう!
IMG_1369_convert_20181009114628.jpg おかげで足を眺めてはにやにやしている。
Palm Beach County Diving Association が企画した夏の終わりのパーティーは、Artificial Reefを増設する為の寄付金集めをテーマに、Loggerhead Marinelife Centerで開催された。入場チケットはひとり$5で、BBQディナーとビールがついてくる。6時開場のイベント、きっとアメリカ人はそんな早く来ないよねと話しながら行ってみたら、なんのなんの、入り口には列が出来ていた。開場に入って、まずはご飯とビールを、ライブバンドの前で食べた。海辺の夕方の生ビール、美味しい。赤潮も1週間で少しはおさまったらしい。
IMG_1355_convert_20181007221801.jpg IMG_1357_convert_20181007221843.jpg

建物の中のテーブルには、近隣のダイビングショップや他のスポンサーから提供されたギフトが入ったバスケットが並んでいて、自分のラッフルチケットを希望のギフトの抽選箱に入れる。チケットは入場券で各自1枚、追加は$20で「片手の長さ分」、$50で両手幅という販売方法だった。商品がとにかく豪華!ダイビングボート券、新品のBCD、3点セット、衣類や防水バッグ等にお酒やコーヒーやレストランの食事券、日焼けスパ利用券、、、あたったら絶対嬉しいものばかりだ。うちは$20の券を買って(15枚くらい)半分ずつし、それぞれ好きな所に入れた。参加している人々はみんな真剣そのもの。
IMG_1359_convert_20181007221921.jpg IMG_1360_convert_20181007222020.jpg

抽選は3回に分けておこなわれ、最後の回は8時過ぎころだった。番号が呼ばれる度に集まった多分200人以上のひとがおおきなため息、っていう感じになってきた。あーーー当たりたいー、、、と周りとともに私も熱くなっていた。そこへ、「次は Jupiter Dive Centerの、、、」というアナウンスで、「番号は***」、で、隣のダーリンが「やった!」と。え〜?ほんとに〜?

興奮してたらしく、会場での写真を撮り忘れた。が、後日FBにポストされた写真の中にこの写真を発見!
IMG_1413_convert_20181011105752.jpg

帰宅して記念写真。バスケットの中は Jupiter Dive Centerの2ボートダイブ券、Dive Bar restaurantの$25食事券、保温タンブラーにTーシャツ、帽子。。。これは、嬉しい〜!!
IMG_1361_convert_20181007222055.jpg IMG_1362_convert_20181007222143.jpg

早速潜りに行かないと!
今朝はRoger Dean Stadium で 2018 Stronger than Cancerの5 Kmレースがあった。MPFI のランニングチーム Lauf Mannschaftはチームエントリーした。子供の癌と闘っている家族をサポートする The Pediatric Oncology Support Team (POST) の主催のレースで、癌に負けないスーパーヒーローをテーマに、参加者もヒーローのコスチュームで走ろう!という会だった。我がチームは、チームTシャツに何かをプラスすることを呼びかけ、私はバットマンのチュチュで走った。Ericは予定していたコスチュームが届かず、前夜考えたという、Captain Underpants で登場した。Underpantsの下に短パンを履いて来てくれてよかった。。。
PA061299_convert_20181007061510.jpg PA061301_convert_20181007061639.jpg

特に集合場所や時間を決めていないうちのチームは、集合写真を撮るのが大変だ。この他に出発ギリギリで来たメンバーもいる。
PA061308_convert_20181007062251.jpg

7時半、380人のスタート。警察が出て、道路は通行止めになるし、白バイの先導もある。
PA061311_convert_20181007062359.jpg PA061331_convert_20181007102124.jpg

Central Blvd.を北上して折り返し、最後は球場の中に入る。ダーリンがコーナーの所でみんなの写真を撮ってくれた。ありがとう!今日の私は、30分を切れないタイムで終わった。最近走り不足だからしょうがない。でも年齢別の3位に入って表彰記念撮影。賞状をくれたBarbaraさんも癌と闘う人で、こういう人たちが前向きに、他の家族をサポートする活動を支えているのがすごいと思う。
PA061388_convert_20181007102339.jpg IMG_1354_convert_20181007102249.jpg

走り終わった時には近所に住んでいる応援団も来てくれていた。
IMG_1353_convert_20181007102215.jpg

今日のオチ。時間ギリギリに登録して走ったCarlos、23才と書いた、数字の2が7に読まれたらしい。記録の70歳以上の欄に彼の名が登場。。。あははは。
IMG_1350_convert_20181007102501.jpg
朝食後にJuno Dunes Natural Area に散歩に行った。南フロリダでもそれなりに秋を感じる、、気がする。空が高いし、風が涼しい。でもちょっと歩くと汗だくだ。白い砂に草が茂るトレイルをあるいて、展望台まで行くとカヤックで釣りをしている親子が見えた。
IMG_1330_convert_20180930091300.jpg
IMG_1331_convert_20180930091342.jpg
約3キロ歩いて散歩終了。

夕方、JupiterからJunoにかけて,ビーチが閉鎖された。何人かの人が呼吸器系の異常や皮膚がちくちくする症状を訴えたせいらしい。海沿いの公園は入り口が閉められて、Juno Pierも閉鎖、ビーチへの立ち入り禁止。シェリフのトラックがビーチへの入り口をふさいでいて、Ocean Blvd.は警察の車がビーチ閉鎖を呼びかけて走っていた。なんだか物々しい。海からの風を吸い込むと、確かにちょっと喉がイガイガして咳が出た。赤潮の毒ではないかということで、48時間封鎖だとニュースでみた。
IMG_1333_convert_20180930091418.jpg
こんなの初めてだ。Lake Okeechobee からの排水が原因だとしたら、その影響がどんどん拡大しているということで、本当に何とかしないとまずいんじゃないか。。。
John D MacArthur Beach State Park の会員更新をしに出かけ、久々にカヤックを漕いだ。 この公園の家族会員は1年$100。公園の入園料、カヤック1日2艘までのレンタルが無料になるから、かなりお得だ。秋分の日、アメリカの暦でも今日から秋だけれども、南フロリダはもちろんまだまだ暑い。それでも日差しはすこし傾いてきた気がするし、風が爽やかになったように感じる。

今日は波もおだやかで快適なカヤック日和だった。
P9230171_convert_20180924085605.jpg

Munyon Island のボートドックまで、ぐるっとまわって漕いで行って、上陸。
P9230169_convert_20180924085529.jpg

砂浜から、投網で魚を獲っている家族がいた。彼らがこっちに近づいて来たら、なんだか見覚えのある顔、、Eric 家族だった。ボートで遊びに来たそうだ。子供のころにこんな風に遊ばせてもらっていいなあ、とはダーリンのつぶやき。
P9230172_convert_20180924085637.jpg P9230173_convert_20180924090937.jpg

もってきたサンドイッチを開けて、早めのランチにした。サブウェイの新商品、スパイシーイタリアンサンド、フットロングで$4.99。外で食べるサンドイッチはおいしい。
P9230175_convert_20180924085753.jpg P9230174_convert_20180924085830.jpg
最近ちょっと、Park Avenue BBQ がうちのブームになっている。ダイビングの後に寄って、その豚肉の美味しさを再認識した感じ。外食にしようと思っていた金曜日の夜、どこでご飯食べようかと考えて、1週間前の土曜日に続いてまた PA BBQへ。

クラフトビールの種類をウェイトレスが答えてくれているなかに、watermelon という単語が聞こえたので、それを注文した。アメリカのシーズンビールって楽しいと思うんだ。スイカというか、、瓜の風味だ。私はなんだか気に入った! ダーリンはもちろん「なんでそういうものを〜?」という反応で、味見したらこの反応。そんなに酸っぱくないよ。
IMG_1300_convert_20180923071034.jpg IMG_1301_convert_20180923071105.jpg

メニューはいつも通り、私はpulled pork サンドイッチとポテトサラダ($8)、ダーリンはリブで、お持ち帰りを考えてフルラック$20を注文。サイドはフレンチフライとブラックビーンズ。ここの豚肉はジューシーで美味しい。
IMG_1302_convert_20180923071155.jpg IMG_1303_convert_20180923071223.jpg
これは日本でも好まれるんじゃないかなあ。
Jupiter Drift Divers 9月のクラブダイブは International Coastal Cleanup で、今回はリビエラビーチからPura Vida のボートで WEst Palm Beach の沖へ出た。マリーナまでは車で15分ながら、、、朝7時のチェックインはちょっとつらい。海から昇る朝日を眺めて準備。
IMG_1289_convert_20180917084307.jpg

週の中頃に、ハリケーンがカロライナに上陸したから、嵐の後で波が高いかと心配していたら見事にべた凪。あーよかった。船は南に向かって45分くらい走った。
IMG_1285_convert_20180917084333.jpg IMG_1288_convert_20180917084355.jpg

Jupiter 沖とは海中の様子が大分違って、広がる白い砂地から切り立ったリーフを流す。今日は流れが結構あったから海底の釣り糸をハサミで切り取るのには不向きだし、下をむいてちょきちょきしてるとグループの人が遠くなる。幸い透視度が20mくらいあったからストレスも無く、水温29℃で快適だった。ゴミは釣り糸の他に、ロブスターの罠、瓶、缶、そしてビーチチェアなどなど。
IMG_1283_convert_20180917084417.jpg IMG_1270_convert_20180917084440.jpg
たったこれだけ、でも、広い海に心ばかりのお礼かな。
去年の今頃、ハリケーン・イルマが接近し、研究所は閉まって、家では水やら非常食やらの買い出しに走り、結局ホテルに避難した。今年はまだフロリダに接近してくるハリケーン情報はないけれど、いつものように突然の雷雨はやってくる。Kilwinsにおやつにいったら雨が降って来てしばし雨宿り。1ブロック違うと雨が降っていたりいなかったりで、本当に局地的だ。
IMG_1257_convert_20180910102848.jpg

このあと夕方、私は走りに、ダーリンは自転車で一緒に外に出た。私はJuno Beachの辺りで雨が降られ、家まで濡れながら帰って来た。一方、私と別れてから北の方に走って行ったダーリンは雨には降られず、戻って来たころには家の辺りももう晴れていた。南国スコールは、ほんとに時間も場所もピンポイントだ。

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -