Jupiter Diary

フロリダ州ジュピターでのトロピカル生活記録

先週、日本から姪っ子が遊びに来た。初めての海外旅行で一人旅、成田からアトランタで乗り換えてフロリダまで、や〜、よく来たね〜。ハリケーンのために予定を変更しなければならず、そういう電話手続きも自分でして頑張った。1週間の滞在だったので、夜到着でその翌日から活動開始!

まずは John D MacArthur Beach State Parkでカヤックを漕いだ。風がそよそよで波はなく、絶好のコンディション。
IMG_5047_convert_20190916101420.jpg IMG_5132_convert_20190916101509.jpg

Munyon Islandまでぐるっと漕いで行って上陸し、ボートデッキでジャンプ撮影!全部で約6kmの初カヤックだった。
IMG_5136_convert_20190916101548.jpg

ビーチにも出て、熱い砂とぬるい水を感じる。
IMG_5125_convert_20190918112402.jpg

次は Jupiter Inlet Lighthouse へ。らせん階段を上まで登ってきた。
IMG_5072_convert_20190918112445.jpg

翌日、Key Westへドライブした。家から行くと400kmの行程。遠いわ。。でもやっぱり、Keysにくるとフロリダらしいかんじがする。2年前のハリケーンでダメージを受けたから、道路沿いは新しい建物がふえたようだ。Key Westまでいったのは私達も2回目だった。この前よりも時間に余裕があったから思いっきり観光客して楽しかった。
P9091795R_convert_20190918112549.jpg

US1が始まる所や、ヘミングウェイの家も見学。
IMG_5156_convert_20190918112701.jpg IMG_5143_convert_20190918112632.jpg

夕暮れを眺め、ホテルに1泊し、翌朝にはSouthernmost pointへ。
IMG_5177_convert_20190918112725.jpg IMG_5408_convert_20190918112742.jpg

帰り道には 7マイルブリッジでまたジャンプ撮影!
IMG_5453_convert_20190918112809.jpg

Key West から戻って、近場での南フロリダ体験、限られた日程でいろいろしようと思うと忙しい!Juno Pier では人生初の釣りに挑戦。でも人のやり方をまねして釣っていた姿はもう立派な釣り師で、後ろ姿をみて笑っちゃった。
IMG_5285_convert_20190918211708.jpg IMG_5410_convert_20190918211726.jpg

そして釣りの女神は微笑み、なんと2匹の Pompanoを釣り上げて、周りの釣り人達もどよめいた。。。おかげさまで、夕食はカルパッチョと漬け丼でおもてなしとなり、おまけに翌日は、ダーリンと一緒に蒲鉾まで作った(これも彼女が作った to do リストに並んでいた項目)。
IMG_5280_convert_20190918211749.jpg IMG_5303_convert_20190918211807.jpg

今回 Ever Glades National Parkに寄る時間がなかったので、Grassy Waters Preserveで亜熱帯の湿原を歩き、
IMG_5323_convert_20190919104427.jpg

お肉もしっかり食べて、アメリカの日常生活を満喫出来たかな。
IMG_5531_convert_20190919104448.jpg

19歳の異文化体験でこれからますますいろんなことに興味をもってくれたら嬉しいな。
スポンサーサイト



ねねママにお誘いを受けて、マイアミにある日本語補習校のバザーに出かけた。なんだか久しぶりに学校という場所を見た気がする。毎週土曜日の授業は今日もあって、子供達は教室で授業中だった。
IMG-5554_convert_20190915102018.jpg

奥の教室でバザー開催中。手作りの食べ物、本、服、雑貨など、そういえば日本のバザーってこういうんだっけなあと見学しながら、本を買い、カステラ、お赤飯と、つけ麺お持ち帰り用を買った。ねねママはネイルのテーブルを出していた。
IMG-5552_convert_20190915102056.jpg IMG-5550_convert_20190915103457.jpg

外の壁には生徒さん達の作品が飾ってあって、ねねちゃんの作文を発見。今年の夏、館山坂田の定置網体験をした話だった。お昼休みに教室から出て来たところで記念撮影。
IMG-5551_convert_20190915102206.jpg IMG-5553_convert_20190915102244.jpg

こんなに沢山の日本人がいるところを見たのは初めてだった。。。
8月の旅、Olympic National Parkから南下して、Mt. Rainier へ。4年前に訪れて、是非もう一度行ってみたくて,随分前からホテルの予約もした。そして到着。Paradise Innは7月に改装オープンした。山小屋風のホテルで、部屋もシンプルだけれどもほっこりする場所だ。夏休みシーズンだったので人が多くて、公園内の主要な駐車場も一杯だった。
IMG_4614_convert_20190908092702.jpg IMG_4646_convert_20190908092731.jpg

でも、ハイキングは本当に気持ちよかった。ホテルから散歩気分で滝まで。Mt. Rainierが綺麗に見える。
IMG_4617_convert_20190908092831.jpg

Skyline Trailでパノラマポイントまで頑張った。
IMG_4702_convert_20190908093234.jpg

次の日は、Sunrise から2つのコースを歩いた。上りはきつい〜と言いながら、なんだか日に日にハイキング中毒っぽくなっていく感じだった。
IMG_4777_convert_20190908092912.jpg

朝日にピンクになる山。一生のうちにまたくることがあるのかなあ、と。。。じんわり考えた。
IMG_4815_convert_20190908095126.jpg
ハリケーンドリアンはバハマに上陸する前にカテゴリー5になった。ますます速度をゆるめて、フロリダには明日くらいから影響がでるらしい。最初はフロリダ半島直撃か、と思われていたけれども、東の高気圧の勢力が弱まって少し東にシフトした。いまのところ予想進路の中心は海上で、暴風圏が東の海岸にすこしかかるような予想だ。そうはいってもJupiter付近は雨、風、それから高波の影響を受ける可能性が高いのでまだまだ心配だ。

この週末はLabor Dayの3連休なので、外から遊びに来ている人々も多いから、昨日はビーチにも人が多かった。今日はライフガードの詰め所も閉まっていた。でも、浜には釣り人の姿が。Juno Pierは土曜日から閉まって、板を外して暴風に備えている。桟橋に釣りに来たのに閉まっていたから浜から投げていたのかもね。
IMG_5003_convert_20190902091357.jpg

海沿いを歩いていたら、いつもの週末のように散歩している人々がまだまだ沢山いた。でも今朝から海岸沿いの公園は閉鎖されて、警察が出ていた。大きな被害がありませんように。
IMG_5001_convert_20190902091446.jpg IMG_5002_convert_20190902091423.jpg
木曜日の朝、J. Neuroscience からメールが来て、やっとやっと APEX2の論文が受理されたと知らされた。
あ〜〜〜〜長かった。。。最初の投稿から、Major Rivisionで完全に書き直し、最初は思ってもいなかったミトコンドリアの論文になった。なんだかんだいっても Sam が気合いでやりきった感じ。

とにかく最初の乾杯を!と夕方ビールを飲みに行った。みんなお疲れさま。
IMG_4936_convert_20190826121212.jpg IMG_4938_convert_20190826121232.jpg

金曜日の昼、ランチから帰って来たConnonが花束をプレゼントしてくれた。途中でちょっと投げやりになりつつ、とにかく頑張った、First Author おめでとう〜!
IMG_4957_convert_20190826121403.jpg
Olympic National Parkは山を中心に、いくつかのエリアで周りからアクセスするようになっている。Forksの街からは Hoh Rain Forest エリアに行かれる。ここは Rain Forest = 雨林、でも熱帯雨林ではなくて、温帯から亜寒帯に位置した、多雨の気候でできた森林だ。入り口ではやっぱり「ほー」の記念撮影。
IMG_4478_convert_20190822104605.jpg

トレイルは緑に包まれている。針葉樹にコケが密生した美しい森だ。
IMG_4505_convert_20190822104638.jpg

大きな木、シダ植物、その下の草花もかわいい。コケが胞子嚢をのばし、キノコも地位類も場所を取り合うように生きてる。
IMG_4499_convert_20190822104706.jpg IMG_4518_convert_20190822104727.jpg

わーーー、キノコにBanana Slugを発見!!この巨大ナメクジを見たかったんだ。この個体は体長7−8cmはあった。近寄ってみると、むしゃむしゃとキノコを夢中で食べていた。
IMG_4531_convert_20190822104752.jpg IMG_4533_convert_20190822104807.jpg

川、水、そして滝。。。水っぽい濃い緑の森は、深呼吸すると肺が緑になりそうないい香りだった。
IMG_4547_convert_20190822104829.jpg
学会終了後、ポートランドで車を借りて北へOlympic 半島を目指した。Sequimの街についてホテルに荷物を置いてから、Dungeness National Wildlife Refuse に行ってみた。海岸に出ると寒々しい水の色と、打ち上ったgiant kelpが北の海の絵だった。
IMG_4362_convert_20190819105843.jpg

大きな流木が打ち上っていて、荒れた海の激しさを想像させる。アザラシが見られるらしいけれどもこの時は見えず。
IMG_4361_convert_20190819110030.jpg IMG_4387_convert_20190819110103.jpg

翌日、Olympic National Parkへ。公園は広大で、Rain Forestから山の針葉樹林帯、ツンドラまでの気候をカバーしている。今回は東から半時計回りに、3泊でぐるっとまわる予定だった。
IMG_4399_convert_20190819110147.jpg

まずはHurricane Ridge へ。いきなり寒い〜〜!!
IMG_4407_convert_20190819112427.jpgIMG_4410_convert_20190819110236.jpg

しとしと雨が降ったり止んだり。気温は低い。ガスの中を歩く。
IMG_4436_convert_20190819110333.jpg

リッジの上から谷にたれ込めた雲が白い。ちょっとのぞく青空がすごく青く見えた。
IMG_4446_convert_20190819110350.jpg

足元には短い夏の間に開花する可愛い花達。自然って本当にすごいと感じさせる旅のはじまりだった。
IMG_4429_convert_20190819113322.jpg IMG_4431_convert_20190819113342.jpg
Microscopy & Microanalysis 2019 が Portland で開催された。日曜日の夕方のwelcome reception から始まって、木曜日まで。今回は私、Connon、Sunnyが発表し、Debbieは Boeckelerの展示ブースでのトークを担当した。顕微鏡をあつかう人々が集まる会なので、ちょっとしたコツなどが聞けたり、聞かれたりで楽しい。
IMG_4319_convert_20190818110438.jpg

今回の旅にはダーリンも同行し、会期中は美術館などの市内観光と、ラーメン屋チェックなどで過ごしていた。最終日午後は一緒にダウンタウンに出かけて買い物と、ビール。ポートランドはクラフトビールのお店が多いから飲める人にはすごく楽しいに違いない。アウトドアショップの隣にもバーがあったので、入って1杯ずつ頼んでみた。
IMG_4323_convert_20190818110504.jpg

そして4年前にも入ったこのお店にきた。
IMG_4381_convert_20190818110538.jpg

生牡蠣6個を頼んだら、3種類が出て来た。それぞれに味が違って美味しかった。スモークサーモンも美味しい。クリームチーズの下にはシイタケの佃煮みたいのがのっていて、これも美味しい。
IMG_4337-FullSizeRender_convert_20190818110604.jpg IMG_4338_convert_20190818110623.jpg

牡蠣のスープには大きな身が2個も入っていた。そしてこのお店の手作りパンがびっくりな美味しさ。
IMG_4339_convert_20190818110646.jpg IMG_4335_convert_20190818110705.jpg

都市に住むのは好まないけれども、美味しいものがあるのはいいなあ。。。と。
でも、4年前に比べて、ホームレスの数が増えた。他の場所から追われた人々がPortlandにやってくるそうだ。冬はどうするんだろう、シェルターがそんなに沢山あるんだろうか。
金曜日、コンピューターサイエンスの学生さん(スーパー高校生)Diegoが、お昼を買いに行ったついでにConchaを買ってきた、と持ってきてくれた。袋の中を見てみたら、え?え?え?メロンパン?
pan_convert_20190729101353.jpg
メキシコで普通に売っている甘いパンだという。ちぎって食べてみたら、メロンパンそのもの?!

写真をググって、Diegoや他のラボメンバーにも見せたら、私の反応にみんな納得していた。

Concha
concha_convert_20190729101130.jpeg

メロンパン
_convert_20190729101148.jpeg

パン生地のうえにクッキー生地をのせて焼くようだ。
conchaは貝の模様、メロンパンはメロン模様、っていうのは文化の違い?発祥は同じ地域なのかな。。。まだ調べきれていない。Debbieによると、ニカラグアにはなくて、メキシコだけのパンだそうな。
MPFI Postbac fellows は1年間の研究所滞在を終えて旅立つ。その中の1人、Carlosは、MPFIグループリーダーと電顕施設の共同プロジェクトの電顕担当として採用された。全くの電顕未経験から始めて、連続切片を撮影し続け、像の解析をして、、という時間のかかる仕事をやりとげた。最初は明らかに、「しょうがないからやっている」風だったのが、最後の方は形態学を楽しんできたのが分かって嬉しかった。

先週が彼の最後の週。試料作製を終え、まとめのプレゼンテーションを作って発表をし、次のfellowへの解析方法の引き継ぎをして、、、とフルで働いて、金曜日最後の日。彼が時間を費やした透過電顕の前でみんなで記念撮影。
IMG_4229_convert_20190722103714.jpg IMG_4232_convert_20190722103733.jpg

そうそう、これがCarlosのトラウマとなった液体窒素ジャー。
IMG_4234_convert_20190722103752.jpg

最後に「どういうテーマの研究でも、自分の興味を見つけることができるということが分かった」と言っていた。人とのコミュニケーションが上手いし、いわゆるいじられキャラだから、どこに行っても上手くやっていくだろう。
Good Luck!

sunnystream

Author:sunnystream
ようやく立ち上がったMax Planck Florida Instituteの電顕室の運営が仕事です。フロリダでの日々の研究、生活、そして海について綴ります。

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -